2016年10月11日

夫婦別姓とその首謀者

おそらくこのくそばばあが横浜市図書館における、夫の名を名乗る新婚者や妊婦を職場から追い出すハラスメント行為の元凶だと思う。
最近裁判があったから思い出したけど、結婚した職員は日本共済等がの支配的な組合のボス女性につるし上げを食らい、旧姓を名乗るか夫の名を名乗るか詰問される。そして夫のせいを選択すると次の年度末には退職を余儀なくされる。また育児休業をとる若い女性職員は二度と戻って来れない。
これは結構観察した事件である。
もはや女が女をハラスメントをする構造というのががっちりできていることについてフェミニストや夫婦別姓論者がまともなことを行ったのを聞いたことがない。

中韓を見ても夫婦別姓は女性の社会進出とは何にも関係がない。
名前を変えれば、社会が変わるほど社会は単純でない。アフロ・アメリカンと名称を変えて白人の黒人に対する暴力が減った事実はない。問題の根は深い。それを男とか女とか名称の次元で解決できると信じるフェニストとは地獄に落ちろ!
社会学者は教育が差別を解消すると1970年頃からアファーマティブアクションをアメリカで採用した。
逆差別だという意見もあったがむしろごく一部の優秀な黒人はエリート層に入ることができるようになったが、底辺層には何の変わりもなかったという現実である。
ピエール・ブルデューが分析したのは、文化資本という別の財産と、ハビトゥスと言う自分ではどうしようもない背景としての文化的生物的条件の存在である。文化資本の話はほぼフランスの象牙の塔のアナクロニズムの話である。プルーストの長編について何かウィットの富んだことを話さなければならないような日常の試験である。俺一生懸命読んだけど2巻の途中でさっぱりわからず、1行もすすめなくなった。だがパリの象牙の塔でそういうくだらないことをやっている間に繰り返すがビートルズにパリ市民も熱狂していたのだ。フレンチ思想で暇つぶしをしている東大の馬鹿野郎どもは、フレンチの言説にビートルズが現れるか詳細に調べてほしい。もう十分哲学史的会ができる時間はたっただろう。
アメリカでしょうもないラップと過剰な性的ダンスに興じているアメリカ市民に正常な判断力があるとは思えない。
まあ夫婦別姓は、現在の言い方では逆パワハラであり、過剰な訴訟の乱用である。
夫婦別姓論にどんな同意もない。そうしてもせいぜい自己意識過剰なインテリ女の自己満足が多少解決しただけだからである。

関口 礼子
J-GLOBALへ 更新日: 16/06/13 16:34
アバター
研究者氏名
関口 礼子

セキグチ レイコ
所属
日本の社会研究所
職名
教授研究員
学位
博士(ベストフェリッシェ・ビルヘルムス大学(俗称ミュンスター大学))
研究キーワード

教育社会学(221) , 学校図書館(29) , 情報学(65)意味の閲覧
研究分野

情報学 / 図書館情報学・人文社会情報学 /
社会学 / 社会学 /
教育学 / 教育社会学 /
経歴
テキストで表示
1982年 - 2002年
 図書館情報大学 助教授、教授
学歴
テキストで表示

東京大学 教育学研究科

ミュンスター大学 国家社会学部 社会学・教育学

お茶の水女子大学 文教育学部 文学科
受賞
テキストで表示
1998年
カナダ首相出版賞 本賞 (単独)
2003年
カナダ首相出版賞 (共同)
論文
テキストで表示
From the Eye of a Student in the Light of Economics
関口 礼子
Divergent/Convergent 174-179 2016年 [招待有り]
A Consideraton of Cultural Transfer: The Case of Waraji Footwear
関口 礼子
Divergent/Convergent 180-185 2016年 [招待有り]
Misc
テキストで表示1234>
図書館の副次的機能の重要性:若い人たちの図書館利用調査より(共著)
社会情報学研究 10, 123-132 2002年
オンライン授業を成功に導くための条件:大学院サテライト教室での同期型授業の実験(共著)
広島大学高等教育研究開発センター 32, 197-212 2002年
日本の社会
つくば、東京、カルガリー:日本の社会研究所 1999年
知識・情報の集積地から生涯学習の場へ
公共建築 31-34 2001年
同期型オンライン授業の実践とその評価:2000年後期授業での試み
情報社会試論 (7), 41-60 2001年
書籍等出版物
テキストで表示1234>
第14章生涯学習の重視は社会の仕組みを変える
新しい時代の生涯学習、東京:有斐閣 2002年
第1章今なぜ生涯学習がクロースアップされるのか
新しい時代の生涯学習、東京:有斐閣 2002年
教育によらない強力な学習
新しい時代の生涯学習、東京:有斐閣 2002年
日本の社会 Vol. 4
日本の社会研究所 2000年
新・生活のなかの図書館(編著)(共著:関口礼子、山口真也、松本勝久、百々佑利子、登淳子、山本順一、小林悠紀子、二村健、小川俊彦)
東京:学文社 2000年
所属学協会

日本教育社会学会(673) , 比較教育学会(24) , 日本カナダ学会(129) , 異文化間教育学会(383)
競争的資金等の研究課題
テキストで表示
青少年の発達に対するメディアの影響
研究期間: 2000年 - 2005年
社会変動と学習・教育
社会の変化を、情報化、高齢化、グローバル化ととらえ、それに適応するため、あるいは社会を変革するために、人々の学習を重視する。その手段として、図書館等の学習手段を重視する。教えてもらう学習でなく、自ら学ぶ学習をどうしたら、構築できるかを考える。
posted by Kose at 22:28| 日記