2014年10月25日

格闘Androidも・・・

話はそんなに複雑ではないんだが、各所に引っかかって機能はAndroid環境構築だけで終わってしまった。
1.Eclipse 最新のLunaならマーケットプレースでADTをインストールできるが、それを利用しなくてもいい・・・
2.Google AndroidサイトでADT+SDKをダウンロードしてローカルにHOMEでもいいと思うが解凍
 *URLでADTを取得することもできる。どっちがいいかわからない
3.HELP>新規ソフトのインストールで、ローカルあるいはURLを指定してADTを指定してインストール、再起動
4.Window>Preference(設定)から、Android SDKをローカルで!インストール
5.Window> Android SDK Managerで、Androidの様々なプラットフォームをインストール
6.プロジェクトからAndroidを選択・・・まで

Eclipse Lunaの日本語化の読み込みがうまく行かない。絶対パスでも失敗するが、絶対パスに移動して起動すればちゃんと日本語化されるもののそれが面倒なので、英語でやっている。
Ubuntu14.04のデフォルトEclipseはIndigoと2つ古いのだが、しかも新規ソフトウェアのデフォルトのURLすら登録されてないのでもう使う気なし。日本語化もない。

昨日借りた2011年のAndroid入門書でも、GoogleのADTとSDKの見かけ上の操作が異なるので使い物にならん。
やはり最新の本を入手せざるを得ないようである。ただでさえ躓く問題が多いのだからね。

だいたい感じはわかったので、しばらくAndoroidは忘れる。やはり古いXPマシーンのLinuxだとどうも辛いようだ。しばらくWindowsを使ってなかったが、電子書籍問題もあるし、Windowsを使える環境に使用=今物がおいてある。
posted by Kose at 05:34| Android