2014年10月23日

AndroidはやはりEclipseマーケットプレースで可

まだそもそもJavaプログラミングを勉強しなくちゃいけないんだけれどね。
Eclipseとその日本語化は詳しくは他のサイトをよくみてね。

Eclipse
https://www.eclipse.org/downloads/
Eclipse IDE for Java EE Developersをダウンロード
*通常 /usr/local/にダウンロードファイルをコピー sudo mv source destination、解凍 sudo tar -xvzf 〜.tar.gzファイル

日本語化 pleiades
http://mergedoc.sourceforge.jp/
プラグイン
安定版 左記ページを開き pleiades_x.x.x.zip リンクからダウンロードしてください。
*DLファイルを/usr/local/eclipseにコピー。解凍 sudo unzip 〜.zip
/usr/local/eclipse/eclipse.ini
をsudo vi で開き、最後の行に
-javaagent:/usr/local/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
の行を追加。

まあこれで最新版Eclipse Lunaがインストールされる。Windows版はPleiadesサイトに日本語化されたものがある。

さてデフォルトではJavaの基本環境しかない。C/C++などは Help>新規ソフトウェアのインストールから、リポジトリLunaを選択してインストールなんだが、Android AMD、SDKは Help>Eclipseマーケットプレイスで、「android」で検索、その中にGoogle提供のパッケージがあるのでそれをインストール。

EclipseのツールバーにAndroidSDKマネージャーとアンドロイド仮想デバイスマネージャーのふたつのアイコンが自動的に追加される。

Eclipse-Android.png

ここまで今朝やりました。

う〜ん、勘だけでやれるのはここまでだな。Java入門も含めて土日に紙の本買いに行ってくるかな?
posted by Kose at 08:53| Android