2019年05月25日

テスコPUは毎度おなじみLegendのPUテスト用ストラトにマウント

Legendのストラトは、ホームセンター途中のインド人経営のリサイクルショップで、1万円とか値が付いたのをそんなもの5千円が相場だと脅して7千円で買ったもんだった。ほぼ未使用で状態は良かった。第一送料がかからない。結構気に入っていたんだが、Legendの新品がアマゾンで八千円台で売られているのを見て、敗北感に打ちのめされた気がして、ピックアップ試験用にした。
コントロールからワニクリップのコードを出して、PUの配線を外に出して、外で接続する仕様である。
効果的に同じアンプで違うPUがいかに違うか比較テストが簡単にできる。
テスコ・ゴルドフォイルとミツヤ製ゴールドフォイルの比較もこれで徹底的にやった。
なので、確かにハイやローの出方に差異はあるが音色の傾向は同じと断言していいと確認した。ミツヤ製を搭載したビザールギターは安い。1万円行かないで買える機会がたくさんある。日本人のほとんどのギタリストはテスコ製とミツヤ製の違いを見極めることができないので、格好だけでもよく似ているし、ハイの強いゴルドフォイルが好みならそういうものとしてよい音がするので、非常に良心的な価格設定でたくさん作った。苦情は来ていない。
ピックガード加工の技術が低い時から、たくさんの人に買ってもらって本当に感謝する。
現在はルーターを高級なものに変え、そうといわれなければピックガードホルに若干の歪みがあることに気づかない程度にスキルが上がっている。
ギターワークスで特注すると送料も大きいんだが2300円ぐらい加工代が取られる。ミツヤ製に2300円のぷっくアップホル加工代はコスパが悪すぎるので、安い2台のルータをつぶして、現在三代目で、かなり精巧な工作ができる。本当はハンディルーターではなくて工場に置きそうな据え付け型ルター導入も検討途中で兄が他界して全部停止してしまった。1月15日遺産相続のため行政書士を音連れて以来、すべてのギター制作は凍結になってしまった。戸籍やらなにやらたくさんの書類を集め、兄の口座を停止して振り込みを僕にするなど本当にきつかった。今胃を悪くしているが、胃が悪くなったのはそのころである。どんどん痩せて腹のぜい肉がゼロになってしまった。
おかげで今月から食の改善に取り組み、少し贅肉がついた。贅肉が落ちた腹は皮がしわしわにたるみ、ほぼウェストが女の子みたいになるほど細くなってしまった。今はほぼ胃の具合の悪さは亡くなったと思っている。
ゴールドフォイルを搭載するためにストラトモデルから外したフェライトのPUのストラトタイプのピックガードとコントロール部は処理しきれないほど山積みされている。そのうちのひとつにテスコの2PUを乗せるテストを6月1日から始める。
販売用にはデザインを考えて本体とピックガードを調達する。多分黄べっ甲のを試験的に中国から取り寄せるつもり。
ゴールドフォイル高いからなんか安上がりな新商品を仕上げたいのだ。
IMG_0001_3.JPG
posted by Mondayota at 22:38| 日記

テスコの場合の極性

手元にあるテスコは、2PUのEP−8と名前のわからない3PUのフルアコとゴールドフォイルのWG−2Lだけしかないが、EP−8とフルアコは極性が変えられていた。EP−8は1958年に製作されたものであることがわかっているので、テスコはちゃんと極性問題を理解していたと思ったら、WG−2Lは同極性で、びっくりした。手放してしまったが、SS−3L(ゴールドフォイル)は記憶による限り、直列配線だったと思う。あんまりいい加減なことを広めてはいけないので、一般化はできないが、少なくともテスコの場合混在する可能性があることを確認しておく。

で、3PUのフルアコのピックアップをストラトにマウントする計画だったが、極性が逆なのでそのままストラト配線ができることを確認できた。大変うれしい。前回の見解は思考モデルだけだったが、すぐに実証できた。すごくうれしい。

さすが、来週で仕事おしまいという気分で頭脳もよく働く。

posted by Mondayota at 19:28| 日記

エレキの磁場について誤っていた件:(正)弦は磁化されている(誤)磁石の磁場が広がっている

誤っているというか、不十分だったことだ。
簡単な例は2PUで、ともに同じ例えばN極であった場合、現象として、パラレルのミックスだと極端に音量が落ちる。この理由がわかっていなかった。現象としては2PUの極性を反対にすれば、この問題は解決されるから、よく考えていなかった。
ギブソンのレスポールやSGには3PUのモデルがあるが人気がない。派手だという以外それについて考えたことがなかった。話では、ストラトと違ってセンターだけを出力することができないため、人気ギタリストは3PUのモデルは何らかの改造をしているらしい。その60年代は、ピックアップが多いほど高級というのは何もテスコやグヤトーンばかりでなく、フェンダーもギブソンもその点あまり違いはなかったと考えられる。ストラト以外3PUで、当時は単にピックアップが3つのほうが高級で儲かるだろうという考えもフェンダーは持っていたとしか考えられない。現在のストラトは必ず5WAYだが、ジミヘンやクラプトンが使っていたのは3WAYで、セレクターに仕掛けをして、今日当たり前のミックスの鈴鳴り音を出したことは有名なはずだ。ヘビメタ・ギタリストはしばしばセンターを使わない。歪ませればギターもピックアップも実はどうでもいいのだから。
そのストラトも隣り合うPUは極性が反対になるよう作られている。IbanezのHSHモデルは大変凝っていて、仮にフロントのハムのネック寄りのマグネットがNだとするとNS/N/SNとなるというのは常識の範囲だが、ミックスは*S/NとN/S*となるよう配線されているらしい。もちろんハムバッカーの二つのマグネットは極性が逆だということである。
ところがである。
かなりの多くのジャパン・ビザール・ギターはそうではない!!!
同じ極性でたくさんピックアップをつけているものがあるのだ!!!そのため、ピックアップスイッチでミックスできるようになっているのだが、鈴鳴りにならない。なぜかというと直列配線されているからだ。ミックスをするとボリュームが大きくなるだけで音色に特異な変化が起こらないのだ!!!
このため、現代のエレキの知識でビザールピックアップを配線すると音が出ない場合がある。
つまりビザールピックアップをストラトにマウントしようとすると、極性が同じで、ストラトのようなミックスができない可能性があるということだ。
さて、同じ極性でミックスすると音が弱くなるのは、金属である弦が例えばN+Nとなって、同じ極性の磁石は反発して、弦が帯びる磁力を低下させるだろうからだということだ。
ぼくは漠然と、ピックアップのマグネットの磁場が反発していると考えていたが、そうではなくて、弦が帯びる磁力が反発するのだ。
なんとこれに気づいたのは、仕事で酷使されて頭が逃避している最中だった。
これはエレキ製作者には常識なんだろうけれど、今まではっきりそれを述べたものを読んだことがない。
まあ大半のエレキギターは猿真似で考えて作られてはおらず、ギブソンとフェンダーがそうしているからそうしているというレベルなんじゃないかと思う。そのレベルは、今の仕事の猿真似性と酷似している。詳しくは延べないが。
ちょうど仕事をやめたら、3PUのテスコのPUをストラトに移植する計画を抱いているのだが、これに気づくことで、3PUのテスコあるいはグヤトーンを単純にストラトに移植できるとは限らないということだ。
誰でもやたらPUの多いジャパン・ビザールのPUをストラトに移植することを考える可能性はあると思うが、そういう改造はほとんど見かけない。ジャパン・ビザール・ギターのPUの極性を変えることができない場合、3PUどころか2PUも無理である。直列にすればいいんだけど、そういうセレクターは一般的に存在しない。シーソースイッチを使わないといけない。

異常の僕の考えの誤りを修正できたのは、今の仕事から逃避したくてギターのことばかり考えるようになったおかげである。足腰が強化されたことと、PUの極性問題の解決を思い浮かんだのは、多少のお金を頂戴したことをのぞいて、今回仕事をしてみた数少ない成果である。
posted by Mondayota at 18:58| 日記