2018年04月26日

P-90トーンスイッチ用実験回路パーツそろう

tonekairo.jpg

この回路、フェンダーの古典的回路なんだが
1)ローカット
2)ハイカット
3)カット補正=ミドル
*フェンダー回路でミドルをフルにするとトレブルもベースも効かなくなることがわかった。

という回路である。なので直感的に1と2をつけるという考えは正しかった。コンデンサーの容量がわからなかったので、計算しなおした。アンプ用のだと損失が大きすぎる可能性があるため。

プラスチックのケースに回路を組み込み、実験用のホワイト・ストラト(ピックアップの配線が外に出してある)につけて、効き具合や損失具合やその他テストしてみる。P-90はパワーがあるのでうまくいきそうな気がするのだが。ローカットだけでいい気もするが・・・

うまくいったら、半固定ボリュームをユニバーサル基盤に組み込んで極小化するつもり。

本当にうまくいくのか?
リッチなP-90の音をサスティーンを失わず、ぺらぺらにする計画である。罰当たりな。

IMG_0001.JPG
posted by Mondayota at 15:03| ギター

3トーン回路

tonekairo.jpg

FENDERアンプの3トーン回路だそうだ。

基本は上の二つで、それぞれハイカット、ハイパスである。
その結果、周波数特性は、高低音が変化する。副作用として、3トーンで抵抗器をフラットにすると、ミドルが落ちる傾向が絶対あるそうである。それは、ハイカットとローカットが支配的だからだろう。

ミドルはなくして、ミドルを帯域として考えず、元の電流を抵抗器を介して、ハイカット・ローカットの後に合流させて、ミッドブーストとすることはできないかな?アンプの回路じゃないから、ありだと思う。アンプようなら回路を複雑にして減衰してもいいけど、ギター用は可能な限り減衰させないようにするのが得策だ。

基本的なコンデンサーと抵抗器の値がわかったので、秋月電子でユニバーサル基板と、素子を注文しよう。
posted by Mondayota at 06:34| ギター