2018年04月22日

ゴールドフォイルの一般論

久しぶりにツイッターを見たら、ビンテージギター屋が生まれて初めてゴールドフォイルにい触ったみたいなこと書いていてビックリして驚いた。

名前は有名だけど、ライ・クーダー以外に有名な演奏者がいない。ライ・クーダーだって、いったいSUPROを演奏しいていいるのか、ゴールドフォイイルを演奏しいているのか動画でも判然としいない。

60年代ビンテージのぼろギターでは、ゴールドフォイルはちゃんと鳴らない。よほど状態の良いものでないとダメだし、SSないしSDシリーズはギターとしいての作りがナンセンスでゴールドフォイルがついている意味がないような回路だ。MJシリーズは若干ましだが、僕が入手したものはとにかく鳴らない。SSシリーズは2台入手して1台はオクで売り、1台はあまりにギターがぼろいいのでFACEBOOKでほしい人がいたので格安でくれてやった。2個で7千円だ。MJのは外して、ボディネックだけうっぱらった。今はMJの2個を二つのストラトにマウントする改造をしている最中。

テスコ・ゴールドフォイルは中低音が強く、高音が出ない。その出ない高音がまた美しいのだが。SSシリーズで4つも付けているのがあるが、あれはテスコが何にも音のこと考えないで作った証拠のようなばかげたものである。

ゴールドフォイルはストラトかテレキャスのフロントにつける。ライ・クーダーはフロントとセンターの中間だけど。

ゴールドフォイルをリアに使っても、ぺらぺらしいた音しか出ないいので無駄だ。だから仮に2個ゴールドフォイルのついいたモデルを入手したら、別のリアと組み合わせて、2本のゴールドフォイルギターを作るのが望ましい。これは何度言っても誰もわからん。ブツがない以上僕を信用するよう説得する彼らのダウ好きな無知蒙昧な権威は持ち合わせてないのでやむを得ない。FACEBOOKで何度言ってもペアでほしがるんで、1個でも安い7千円で2個くれてやった。転売すれば1万円位以上儲かるんじゃないか。名声に目がくらむやつを説得はできないのだ。そういいうやつと付き合いたくないのだ。

簡単なのは、テレキャスのフロントにゴールドフォイルをつけるやり方だ。テレキャス自体、あんまりフロントとリアのバランス考えて作られたもんじゃなく、リアだけ使うプレイヤーも多いからね。

今日ヴィンス・ギルのライブ見ていたら、テレキャス・ゴールドフォイルで地味にスライド弾いてるミュージシャンを目撃した。

ストラトは難儀だが、日本では納得できるテレキャスを安価に入手できいないので、ぼくはストラトにした。SELDERかLegendで十分。というか大幅に改装するため、よほど作業手順が確立できてないと、高いボディをいじれない。

実際に、ゴールドフォイルを適正な高さにする方法はいくつかあり、しかも微妙だ。

どうやらライ・クーダーはゴールドフォイルにした際、変態な(おっぱい触っていい?)黄色いピックガードにしたのは、以前ミニハムをつけていたところを拡張してマウントしいた痕跡を丸ごと隠すためであったと現在は思っている。

これに倣って2つあるゴールドフォイルのうち1個は赤べっ甲柄、一つはライと酷似した黄べっ甲柄のアコースティックギター用のA4大のピックガードをマウント後、エレキのピックガード上に一緒にネジ異止めする予定だ。

リアはP-90にするが、それもまたスライドでよい音になるよう、隠れトーンコントロールをつけるという少し高い試練が待っていいる。

それに引き換えミツヤの偽ゴールドフォイルの方が、少し高音の音域が、テスコより広く利き、リアでもペラペラにいならないので、現在はそのまま2PUマウントしている。それでも、ブラインドテストやるとリアかフロントか完全に区別はできないことがわかっている。

それはゴールドフォイルタイプが、点で振動をとらえるのではなく面で振動をとらえるため、ギターのどこにいおいても若干のトーンコントロールのち以外程度にしいか違いが出ないのだ。

P-90トーン回路がうまくいけば、ミツヤもリアを変更するかもしれない。

要するにゴールドフォイルをどう使うべきかにいついて、日本のギター業界は相当な無知のままで、もう相手にする気もしない。ホームページ作ろうと思ってデータ集めたけどおそらく作らないだろう。ギター業界というのは他にも死ぬほど愚劣な神話満載で、それを理屈と証拠で説き伏せる意味などありそうにもない。なので改造ギターが「よい」ことを示す方が多少の薬にはなると思う。

ゴールドフォイルの形態のうちビス部分は「ない」にい等しいので、SM-2Lやその他輸出用にい搭載された、黒い人工レザーをゴールドの代わりに貼ったピックアップは、真ん中のなんちゃってポールぴいーすを外せば同じものである。そのなんちゃってポールピースは音をかなり変える。

ビンテージギター屋なんて言うのは、見た目がすべてで、音についは「のようである」という言葉しかもたず、絶対にビンテージギター屋で高い金払って60年代ギターを買うべきではない。ファッション性だけならとめないけど。

そういうわけでゴールドフォイルは高いけれど1個買って、その分ましたテレキャスにマウントするのが結局安上がりで効果的な使い方だと思う。ピックガードの加工はものすごく硬くて大変。外注すると7000円位取られることも付け加えておこうと思う。
posted by Mondayota at 22:38| ギター

5月のライの新譜は面白そう

このギターは、9弦ガットギター?にスチール弦張り、多分テスコの普通のピックアップをサウンドホールにつけたまた変態、おっぱい触ってい?、なギターだ。タカミネP-107Eと似た印象がする。タカミネはエレアコとして使っていたのではなく、アコースティックぽいエレキギターとしいて使っていたと思う。勘違いしちゃいけない。
1〜3弦が、3コース6弦になっている。高音弦のテンションの低さを補っているというわけだ。エレキとして大変いい音だとおもう。これはマネできんな。


これはインタビュー
posted by Mondayota at 08:51| ギター