2018年04月21日

ビイグスビーのマンドリン・ダブルネック・ソリッドボディ・エレキ

前回の2番目のバンドのギタリストが弾いていいたマンドリンネック付きのビグスビーのギターの写真が見つかった。
4弦で、ホロウギター用風のテールピースが使われており、ヘッドはフェンダータイプだ。角度はぼくが試しに張り付けた場合とだいたい同じである。意外とブリッジがネック寄りだ。
訂正:5弦だった。8弦4コースではなく、5絃5コースなのでチューニングはわからないが、長さはマンドリンとみてよいだろう。
クラシックマンドリンは8弦なんで、片側を切って、テレキャス風に加工するのも面白いかもしれない。ストラト風の部分は強度に関係がないので、なんか木を貼りいつければよいかもしれない。なんか強力な援軍を得た気がする。
bigsby_grady_martin_doubeneck.jpg
http://jedistar.com/bigsby-paul/

Grady_Martin_Bigsby-doubleneck.jpg
https://www.thegearpage.net/board/index.php?threads/lets-talk-bigsby-guitars.805271/
posted by Mondayota at 11:46| カントリー