2017年09月06日

集めたギターの処分計画

ビンテージ・コレクターじゃなくて、ゴールドフォイルの工学的音響的特徴は何なのかを確かめるために、いくつかタイプのあるゴールドフォイルとそのマイナーバージョンを集めて比較するまで所有するだけ。

まず写真撮って構造を明示して、抵抗値計測して、典型的な音を録音して、これから作るホームページに掲載したらお役御免である。

印象では、必ずしももっともスタンダードなゴールドフォイルが音がきれいだとは言い切れない。大差がないのだ。

その音の違いを聞けるようにわざわざクリーントーンに強いVOXのアンプを買ったくらいである。

ライ・クーダーのクーダーキャスターの配線がどうなっているかの記事が見つけられない。見る限り、ツーボリュームでフロントをミックスしているだけのように見える。セレクターの類いがみつからない。

現代エレキギターに慣れちゃっているとセレクターがないのは違和感があるが、ジャパンビンテージ時代は各ピックアップのオンオフのスイッチ(よってフロントのみ、リアのみ、両方オン、両方オフ)と各ピックアップにボリュームとトーン、よりシンプルなのはワンボリューム・ワントーンである。

買ったものを弾いたが、あまりリアだけではパワーが乏しい。ペンペンっぽくなる。なのでフロントかミックスかと言うことになるが、まあミックスでボリュームを変えるだけで音作りができるという理屈もなりたつ。
なのでライ・クーダーがミックスでボリュームだけでコントロールしていると言うのはありそうである。

ライ・クーダーの若い頃のギターはいかにもストラトキャスター音色を聞くことができるが、明らかにクーダーキャスターを使っているラストアルバム『ゲットリズム』では、ずっと野太い低音とのびのある高音がミックスされていて、ストラト特有の線の細さがない。

そういう音作りからすれば、「ボリュームでミックスする」だけというのは「あり」だと思えるのである。

さて、「ゴールドフォイルのリアピックアップは弱い」ことから、ライ・クーダーはスプロのものを、かなりのアメリカ人はテレキャスのフロントにゴールドフォイルを使ったりしているのは納得できる。

ライ・クーダーは普通のテレキャスはもってもいなければ使ってもいないようだが、のびのあるクリーンな高音を得るにはテレキャスの方が手っ取り早いと思うのである。

スプロ買って、クーダーキャスター再現している人は日本でもいるみたいだが、なんだか恥ずかしい気もする。ライ・クーダーほどのテクニックがあるわけじゃないんだからね。

なのでクーダーキャスターはやらないかもしれない。まだライ・クーダーのスライドコピーしたこともないんだし。もっと精通してからやるべきだろうな。

今はマンドリン弾き語りで「ビリー・ザ・キッド」を歌う練習をしていてギター弾いてないんだし。

そういうわけで工学的音響的記録を残したら,ほとんどのものは処分するつもりである。


追記
てっきりライ・クーダーのゴールドフォイルは真ん中にビスのあるタイプだと信じていたんだが、今日再度クーダーキャスターをまじまじと見たら、WG-2Lのものと同じで、上か下かの列にビスのあるタイプであることがわかって愕然とした。機種によって、ビスが上になったりしたになったりするのだ。WG-2Lは上、もっと古いものは下のようである。ライ・クーダーは後者のものである。
単に上下逆なだけなのか違うものなのか、やはり工学的検討の余地がまだあると思うが、あまりに些末でもう自分自身ついて行けない気がする。
posted by Kose at 21:40| ギター

UBUNTU再開

ギターの類いをヤフオクで売りまくったついでに、Linux用の安PCをヤフオクで買った。
やっとPhython〜AIの環境ができる予定だ。

ギターは概ね、そろったがもう少しパーツを仕入れる必要がある。
結局SUPROピックアップは、イケベの渋谷店か秋葉原店でオーダーすればいいことがわかった。4万円である。
すでにストラト、ゴールドフォイルがそろっているので、あとは4万円SUPROを買えば、クーダーキャスター制作が可能な状況まで来た。
カリフォルニアに親戚がいるので、北米価格で買って送ってもらうこともできるのだが、あまり大きな違いは出ないと思う。
今日はジャンク・ゴールドフォイル・テスコを落札しようと思っていたが、さっきいきなり2万円超えになり、オークション終盤に耐えられないとおもうので降りた。テスコのギター自体は必要ないのだ。また適当なときにeBayで買う。

さて、バカみたいなギターオヤジはやめて、少し知的生活に戻ろうとおもう。

Windows10マシーンが
PC-Windows10.JPG

Ubuntu16.04LTSマシーンに
PC-UBUNTU.JPG

ただしWifiがうまく動かないのでLANケーブル使用である。

手順だが、以前一番簡単だと思った方法を踏襲した。
1)PuppyLinuxをダウンロードしてそのISOイメージをCD-Rに焼く。
PuppyLinux
http://openlab.jp/puppylinux/

2)そのCD-Rを入れて再起動すると、今度のパソコンは起動順位がHDDよりDVDドライブだったため、そのままPuppyLinuxが起動

3)PuppyLinuxの初期設定をして、「Gparted」で、パーテーションを変更して50GBほど、Ubuntu用に確保。

4)Ubuntu日本語リミックスをダウンロードしてDVD-Rに焼く
https://www.ubuntulinux.jp/

5)UbuntuのDVD-Rをドライブに入れて再起動。

6)Ubuntuが起動。インストールを選択。パーテーションの変更のメニューが出てきたのは初めての体験。そのまま50GBにUbuntuをインストール。

7)再起動すると、UbuntuかWindows10かいずれか起動するかのメニューが出る。これでいずれも使用できる環境となった。

今まで使ってきたPCはDVDドライブとUSBの接触が悪くて、その内使えなくなるかもしれない感じ。だが、面倒くさいDAW環境がこちらに入っているため、当面DAW用に使用する。そろそろDAWソフトのバージョンも古くなってきたので、その内また検討したい。ゴールドフォイルの音の違いを録音する課題がこれから待っているし。

ちなみに新たに買ったVOXのアンプは、USB出力があるらしい。ケーブルがないので試してないが、いい音で録音できればいいと思う。LINE6 POD2.0はクリーントーンが全然ダメで、ダイレクトに入れたり、プリアンプ/コンプレッサーをかましたり、苦労してきたのだ。歪んでる分にはよかったんだけれどね。そうPOD2.0もアンプと交代にいまヤフオクにかけているところだ。部屋からものが減ってたいへんよいシステムだ,ヤフオクは。
posted by Kose at 19:38| 日記

eBayで買ったゴールドフォイル到着

8月25日落札で、ペイパルで支払って、9月5日今日到着した。
本体は8,730円位、送料が1,400円くらいで、11,000円かかったが、日本ではLoller社正規ゴールドフォイル・レプリカが28,000円。ヤフオクでも2万円で取引されているので、破格に安い。だいたい1万円前後でかなり多く取引がある。

今日のはおそらく、ライ・クーダーと同じものだと思う。5.7kΩ、中央ビス列、中央の1コイルを上下に2マグネットで挟む形式で、これは通販用Visionの黒フォイルと同じ形式だ。
TEISCO WG-2Lより、Echoのゴールドフォイルに形態は似ている。
その内、もう少しゴールドフォイルPUが入手できたら、比較解体ショーを行いたい。
今回のは安いストラトに、ハーフサイズ黒フォイルPUをリアにしてフロントというかセンターに置く暫定的な改造をしたいと思っている。
いずれ、クーダーキャスターの改造を行いたいが,その予行演習でもある。
IMG_3742.JPG

正面
IMG_3745.JPG

裏 コイルとマグネットがわかる
IMG_3743.JPG

TEISCO WG-2Lゴールドフォイル
IMG_3542.JPG

Echoゴールドフォイル
IMG_3747.JPG

VISION VEG21 黒フォイル裏、今回のゴールドフォイルと同じ
IMG_3140.JPG
posted by Kose at 13:56| 日記