2017年06月03日

ピックアップ接続用プラグジャックは、鉄道模型用だった!

ギターをたくさん増やしたくないので、バッカスのテレキャスにいろいろピックガードを交換する形で実験してみることにした。
ストラトはコントロール部も含めて全部変えないといけないので、安ギなら、買った方が安い可能性がある。まだ検討の余地は大きい。
ストラトをいじるのは多くの人がやっていることだから、新しいアイディアは、今やっているシングルコイルのスプロ/ホースシュー型改造以外ない。それは単体で今のLegendで当面OKだ。

テレキャスは、コントロール部とフロントピックアップ部は独立なので、プラグジャックでピックアップとコントロール部を接続して、着脱可能になる。
コンパクトなプラグジャックを探していたが、近所のプラモ屋で、全くちょうどいいプラグジャックの小物を売っていた。さっき買ってきた。

なんとそれは

KATO Nゲージ ポイント延長コード 24-841 鉄道模型用品



だった。

まだ改造には手をつけるつもりはないが、使えるかどうか試した。

90cmで、半分に切れば45cm。切った部分をそれぞれピックアップとセレクターに半田付けすればいい。何か問題があるかどうかは、やってみないとわからない部分もある。コードが若干細いのが気になる・・・

24-841-DSCN0127.JPG

こういう感じで接続
24-841-DSCN0128.JPG

完全接続
24-841-DSCN0129.JPG

ニッパで導線を出し、半田付けのテスト。成功!
24-841-DSCN0130.JPG


今日はここまで。
posted by Kose at 16:45| ギター

イーグルス、グレン・フライの息子&ヴィンス・ギルとリハーサル開始

イーグルス、グレン・フライの息子&ヴィンス・ギルとリハーサル開始
2017-06-02 11:46:47
https://www.barks.jp/news/?id=1000142724
イーグルスが、7月にLAとNYで開かれるフェスティバル<Classic West and Classic East>に向け、リハーサルを開始したそうだ。

ドン・ヘンリーが先月、言及していた通り、故グレン・フライの息子ディーコン(24歳)が参加している。そして、「もう1人いるが、いまは言わない」と話していたゲストは、ヴィンス・ギルだった。

ヴィンス・ギル


ヘンリーは一時期、「イーグルスは終わった」と宣言していたが、あれは「グレンが亡くなってまだショック状態にあるとき」の発言だったと『LA Times』に語った。「でも、心変わりする権利はある。ラルフ・ワルド・エマーソンはこう言っている。“愚かな頑固さは狭量なる心の表れだ”と」

ディーコンは「(イーグルスのメンバーは)僕にとって叔父たちのようなものだ。(もしバンドが解散したら)また別の家族を失ったようで寂しい想いをしただろう」と話した。公演に参加しないかと誘われたとき「本当に素晴らしい」と思ったそうだ。

昔からイーグルスの大ファンだったギルは、「自分の中ではいつも、僕はいいイーグルになるだろうって思ってた。でも、実際にそれが実現するとは思ってもいなかった。最近60になったんだけど、この素晴らしいレガシーに参加できるなんて、僕にとって最高の出来事だ」と、イーグルスとの共演に興奮している。

<Classic West>はLAで7月15〜16日、<Classic East>はNYで29〜30日開催。イーグルスほか、フリートウッド・マック、スティーリー・ダン、ドゥービー・ブラザーズ、ジャーニー、アース・ウィンド&ファイアーらが出演する。

ヘンリーは、これらのパフォーマンスを録音、放送もしくはストリーミングするか、現時点では決断していないという。また、ディーコンがこの先もイーグルスと活動を共にするかについて、「彼はこれを永遠にやる必要はない。いつか、もし彼が自分の曲を作る、自分のバンドを始めると決めたら、僕らは一番に彼をサポートする」と話した。

Ako Suzuki




posted by Kose at 07:16| Music Story