2017年05月13日

第二次大戦とレオ・フェンダー

現代カントリーの父、ハンク・ウィリアムズが、脊椎の病気で兵役を逃れ、他のウェスタン・スイングのバンドのメンバーが徴兵されて、結果的にソロで、デューして、「ジャンバラヤ」など古典的ヒット曲で成功したことはだいぶ前に書いた。
なんとフェンダー・ギターの生みの親、レオ・フェンダーは片眼の視力がなかったため、真珠湾攻撃後の徴兵を免れ、ラジオの修理が増えた頃、マグネッティック・コイルの中を通す新しいピックアップのアイディアを得る(スプロで残った)。フェンダーが最初に作ったのは、ラップ・スチールではなかった。戦時で物資が乏しく、ネックに小さなボディがついただけの、小型のラップスチールみたいな「エレキギター」だった。これが歴史的にソリッドボディのエレキギターの誕生である。しかしそのピックアップはラップスチール向きだと判断される。そして戦争の間、他の楽器メーカーが生産を中止していた中、戦争が終わると軍の腹下げの真空管やコンデンサーを使って新しいピックアップを使ったラップスチールギターとアンプの製造かかったのであった。1946年3月には製品化され、K&F社のライセンスでレオ・フェンダーの最初の商品化されたラップ・スチールが5000台作られたらしい。だがそれはそもそもソリッド・ボディのエレキギターのアイディアが込められていたのだ。ここがリッケンバッカーやギブソンと違うのである。
『フェンダー大名鑑』は、すごい本だ。板にピックアップをつけて、弦を張ればソリッドボディだろうと考えるのは後知恵である。ギターは、スパニッシュギター(クラシックギター)のことであって、そのボディを板にすると言う考えは存在しなかったのである。またその板がマホガニーがいいとかアルダーがいいとかそういうアイディアも素材しなかった。フェンダーの板はパイン(普通の家具の材木)であった。
かくして鬼畜米英の戦争を起こした日本が、ロック音楽の一つのきっかけを作ったのは間違いない。
右翼はフェンダー弾かない!!!
なんかそういう感じするよね。
右翼はギブソンを弾きそう。
確かに!


posted by Kose at 17:17| My Music

なんでもない日記:イヤホン2本同時に壊れる

どちらもセブンイレブンでかったSONYのものほぼ同じ頃買ったのは事実なんだが、昨日同時期に壊れた。方チャンネルが無音。たまに聞こえる場合もあるが、ほぼ全滅である。
最初スマホのイヤホンジャックが壊れたと思った。まさかイヤホンの方が同時に2つ壊れることはありえないだろうからだ。
しかしヘッドホン、PCのヘッドセット、たいへん古い使っていなかったイヤホンのいずれも聞こえた。よってジャックではなくて、イヤホン側が壊れたのだ。
いろいろ叩いたり曲げたりした結果、イヤホンへの導線の接続が不良であることがわかった。イヤホン部分は開けられないし、導線はものすごく細く、±を分けることも難しい。結果捨てることにした。
スマホ購入とほぼ同時だから、2年くらい。まあそんなものか?しかし同時はないだろう。

スマホで音楽を聴くのはもっぱら入眠事の子守歌としてだ。寝相が悪いから、イヤホンが酷使されたといえなくもない。
最近は、1〜2曲で眠っちゃうので、もういらないかもしれないが、長い長いひどい不眠症(20年以上)、これがないと死にそうであった(昔はポータブルCDプレーヤーだったけど)。2回くらい聞いちゃうとか別に珍しくなかった。割と最近は、何曲目で眠ったかをイーグルスのベスト盤を聞いて目安にすると言う使い方だった。だいたい4曲目の「オールレディ・ゴーン」か次の「デスペラード」で寝る感じだった。18分〜20分くらい。
長い習慣だった。

今日はあいにく的な雨なので、明日SONYではないイヤホンを買いに出かける。

ギター改造の件だが、なぜだか狙っていたサウンドハウスのプレイテック・テレキャスが5月になったら品切れ状態になっていて、入荷を待っていたら、誤ってインド人経営のリサイクルショップで状態のいいLegendストラトをほぼ同額の¥7000だったから買ってしまい、訳がわからなくなってしまった。

サウンドハウスのコメント欄に、プレイテック・テレキャスのパーツはフェンダーと互換性がないと書いてあったので、買わないでよかった。
エスクワイア=ラップスチール改造対象ギターは、バッカスのあまり出回っていないホワイトボディ・黒ピックガードにするつもりだ。これは書いたかな?少し間を置いて来月購入するつもり。プレイテックの倍だがそれでも安い。
Legendストラトをいろいろ遊び終わったら、スクワイアのストラトとテレキャスの「スタンダードモデル」新品を買う。デザイン上の問題で他ではなくスタンダードがストラトもテレキャスも都合がいいのだ。スクワイアのひとつ下のアフィニティのテレキャスは弦をボディ裏に通さないので不可(通常のパーツで改造できない可能性がある)。
なにかまあまあの新品を買わないと、なんかギターゴミ屋敷の住人みたいな気になってくる。
その後、改造は本格的にやることにする。
Legendストラトも、ピックガード一括交換方式で、初期ライ・クーダー化はできる。P90を1台だけを穴なしピックガードに付けるにしてもコントロール部も新調しないといけない。もう少しよく知恵を絞りたい。
『フェンダー大名鑑1945〜1970』面白い。マーク・ノップラーもコメントを寄せている。どうもはじめからカントリー畑との交流からフェンダーは生まれたんだそうだ。ウェスタン・スイングという大して日本では知られていないジャンル。ちょうど日本が鬼畜米英とか叫んでいた1930〜1940年代に流行ったスタイルだからな。
ある種のアメリカの音楽が決して日本で受け入れられないのは、その所為じゃないかと本気で思うよ。

ちなみに町田でバンドをやっていたときのボーカル(アメリカ人女性)が、仕事を変えて、藤沢のカントリーのライブハウスに出演するようになったとき、かまやつひろしが来ていたと話をしてくれた。
posted by Kose at 15:59| 日記