2017年05月02日

バッカス・テレキャス(¥1.2万)でジャズ、カントリー、ロック弾き分け(動画)

だいぶ調整に手間取ったバッカス・テレキャスだが、なんとか扱えるようになった。1.2万円だから、どんな音かは期待しなかった。そのままではフェンダー臭い音にはならないし、リアピックアップ(リアピックアップというのは和製英語だというのを今日知った。今後ブリッジ・ピックアップとする。フロントはネック・ピックアップだ)の高音はフェンダーより強い。音量に関係なくうるさいほどだ。アンプを適当にセッティングすれば、それなりに使える。いろいろ勉強になった。ピックアップとアンプの組み合わせで、ジャズ、カントリー、ブルース・ロックのサウンドを出してみた。これはエスクワイアーのセレクターのジャズサウンドの意図を確かめるためでもあった。レスポールなどのネック・ピックアップのような低音ヘビーな音は出ない。もこもこになっちゃう。そのためそれは試みなかった。



バッカス・テレキャスもエスクワイアー改造にも使えるかもしれないが、「らしい」カラーを販売していないのだ。いろいろ探しても、低価格帯での選択肢はPLAYTECHとSQUIREに限られるといっていい。よほど気に入ったらフェンダー・ジャパンでやってもいいけど、その前にやることはたくさんあるような気がする
posted by Kose at 10:31| ギター