2017年04月04日

朝日新聞天声人語、バッカス本社ディバイザーを取り上げる

ディバイザーは、バッカスとかヘッドウェイとかモモセのブランドをもつ本社の名前だ。
フィリピン製バッカス・テレキャスのネックのねじれとか、ピックアップの配線問題とかで大いに修行させられた。そのためFBの安いギター愛好会を見るようになって大いに刺激を受けた。今日もリサイクルショップいくつか覗いた。全然なかった。

天声人語の桜のギターは専用のページがある。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12875315.html?rm=150
すでに中部地方の新聞では取り上げられた話題であることがわかる。エレキギターは完売で、現在はアコギだけ販売しているようだ。

読売新聞は、中津川市がタカミネをふるさと納税の返礼品にしたことを記事にしていた。記事は見失ったが、次が中津川市のふるさと納税サイトである。20万円で、実売81600円のモデルだ。
【F001】タカミネ PTU121C FCB
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/21206/284584
ふるさと納税では、トーカイが浜松市の返礼品になっている。10万円で実売38400円である。
当然のことながら、浜松と言えば、ピアノの生産地でヤマハ、カワイも出しているけど。
[5786-0206]Tokai エレクトリックギター AST48 (ソフトバッグ付属)
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/22130/174603
ディバイザー/バッカスは、ふるさと納税返礼品にはなっていないようだ。

(天声人語)桜の音色を聴く
朝日新聞 2017年4月4日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12875315.html?rm=150
 つぼみのはかなさ、満開の華やかさ、散りぎわの潔さ――。間近でめでてこその桜ではあるけれど、別の鑑賞の仕方もなくはない。桜の音色を聴くことができると聞いて、長野県松本市の楽器工房ディバイザーを訪ねた▼通常はマホガニーなど輸入木材で作るギターに桜を使った。担当の安井雅人(まさと)さん(35)は「桜はひログイン前の続きどく勝手が違いました」と話す。板を曲げるためソメイヨシノを熱湯に浸すと、桜餅を包む葉に似た香りが鼻をついたと驚く▼創業1977年。国産ギターの世界では知られた企業である。だがフォークソングの全盛期はとうに去り、2008年のリーマン不況以降は、中高年も離れていった。「何か夢のあるギターを世に送りだそう」と挑んだのが国産の木々。月桂樹(げっけいじゅ)や屋久杉をへて桜にたどりついた▼安井さんに弾き比べをお願いした。輸入材のギターは高音から低音まで均一で、全体に乾いた音がする。ヤマザクラは音に丸みがあり、やわらかい。この春完成したばかりのソメイヨシノは、逆に硬質な音がきわだつ。高音域が澄んでいる▼試しに弦に触れさせてもらう。かつて練習した名曲「禁じられた遊び」をなぞろうとしたが、残念ながら指はまるで動かない。せっかくの桜ギターがもったいなかった▼東京都心ではもう満開を迎えた今年の桜だが、鹿児島では観測史上最も遅い開花になりそう。とはいえ、桜を楽しむのに急(せ)く必要もあるまい。咲いてよし、散ってよし。弾くもよし、聴くだけでもよしである。
posted by Kose at 21:44| Music Story

加賀石神井川の桜 2017/04/04

今日は通院だった。チャリで急いで通りながら、桜を撮った。まだ蕾が開きかかっているのがあるから9分咲きか?

sakura_IMG_2019.JPG

sakura_IMG_2021.JPG

sakura_IMG_2023.JPG

sakura_IMG_2025.JPG

これは板橋という名の橋の桜。逆光を避けたらたまたまこんな構図になってしまった。
sakura_IMG_2027.JPG

posted by Kose at 17:36| 日記

2017年04月03日

加賀石神井川の桜 2017/04/03

まだ満開という感じではない。明日、明後日かな?

sakura_IMG_2011.JPG

sakura_IMG_2012.JPG

sakura_IMG_2013.JPG

sakura_IMG_2014.JPG
posted by Kose at 13:42| 日記

【BPO】人権委定例会3月21日、STAP事件関連の審理「なし」

「ない」というのがニュースである。NHKすっとぼけているが、NHK経営委員長谷川三千子は日本会議代表で、籠池某と同類である。したがって強いて言えばNHKがすっとぼけていられるのは安倍首相のお友達政治のおかげである。

産経新聞はBPO潰せと主張していたしな。

放送人権委員会 議事概要 第245回
第245回 – 2017年3月
http://www.bpo.gr.jp/?p=9036&meta_key=2016#h_05
都知事関連報道事案のヒアリングと審理、事件報道に対する地方公務員からの申立て事案の通知・公表の報告、浜名湖切断遺体事件報道事案の審理…など

都知事関連報道事案のヒアリングを行い、申立人と被申立人から詳しく事情を聞いた。また事件報道に対する地方公務員からの申立て事案の通知・公表の概要を事務局から報告、浜名湖切断遺体事件報道事案を審理した。

議事の詳細

日時
2017年3月21日(火)午後3時〜8時25分
場所
「放送倫理・番組向上機構 [BPO] 」第1会議室(千代田放送会館7階)
議題
1.都知事関連報道事案のヒアリングと審理
2.事件報道に対する地方公務員からの申立て(テレビ熊本)事案の通知・公表の報告
3.事件報道に対する地方公務員からの申立て(熊本県民テレビ)事案の通知・公表の報告
4.浜名湖切断遺体事件報道事案の審理
5.その他
出席者
坂井委員長、奥委員長代行、市川委員長代行、紙谷委員、城戸委員、
白波瀬委員、中島委員、二関委員 (曽我部委員は欠席)

1.「都知事関連報道に対する申立て」事案のヒアリングと審理

対象となった番組は、フジテレビが2016年5月22日(日)に放送した情報番組『Mr.サンデー』。番組では、舛添要一東京都知事(当時)の政治資金流用疑惑に関連して、舛添氏の政治団体から夫人の雅美氏が代表取締役を務める会社(舛添政治経済研究所)に事務所家賃が支払われていた問題を取り上げ、早朝に取材クルーを舛添氏の自宅を兼ねた事務所前に派遣し、雅美氏が「いくらなんでも失礼です」と発言した模様等を放送した。この放送について、雅美氏と2人の子供が人権侵害を訴え申立てを行った。
今月の委員会では申立人と被申立人のフジテレビにヒアリングを実施し、詳しい話を聴いた。
申立人側は雅美氏が代理人の弁護士とともに出席し、「私が『撮らないでください』と伝えているにもかかわらず、フジテレビが子供2人を自宅前で登校時、カメラを避けようがない状況で撮影したことは揺るぎない事実だ。子供は大変な精神的苦痛を受けた。子供の姿が放送されなかったから良いということではなく、撮影自体が既に肖像権を侵害している。子供の撮影は必要なことではなく、私は怒り心頭で『いくらなんでも失礼です』と抗議した。子供を護るため母親としての当然の行為であったと考える。ところが、フジテレビは、あたかも私が取材を感情的に拒否しているかのように映像を編集し、意図的に事実とは違う印象を明らかに視聴者に与える放送を行った。この撮影は、もともと公共性・公益性を目的にしたものではなく、放送内容に真実性はなく、悪意を持って意図的に子供を撮影し、ことさらに私を貶めるように編集されたもので、それを放送したことは名誉毀損にあたる」等と述べた。
フジテレビからは番組の制作責任者ら5人が出席し、「疑惑解明に不可欠なのは、株式会社舛添政治経済研究所の代表者である舛添氏の妻、雅美氏本人の取材である。当然、子供への取材は何の意味も持たず、取材する意図は全くなかった。執拗な取材・撮影はあり得ず、その事実も一切あり得ない。雅美氏のインタビュー部分は、取材時のディレクターの質問から雅美氏の返答を一連の流れとしてノーカットで放送したもので、作為的編集という事実は一切ない。『いくらなんでも失礼です』という発言は、早朝に訪れて取材申込みをしたことが失礼であると同時に『間違ったことをしていないにもかかわらず、直接取材に来たことは失礼である』との意味で発せられたものと理解している。極めて公共性、公益性の高い取材だったと考える。政治家の疑惑を追及するための取材が問題とされるケースが常態化すれば、現場が委縮し、権力の監視と言う我々の役割が支障をきたすのではないかと強く懸念している」等と述べた。
ヒアリング後、本件の論点を踏まえ審理を続行した。

2.「事件報道に対する地方公務員からの申立て」(テレビ熊本)事案の通知・公表の報告

3.「事件報道に対する地方公務員からの申立て」(熊本県民テレビ) 事案の通知・公表の報告

本事案に関する「委員会決定」の通知・公表が3月10日に行われた。委員会では、その概要を事務局が報告し、決定内容を伝える当該局による放送録画を視聴した。委員長からは、公表時に様々な質疑があったことを紹介したうえで、放送には警察をチェックする役割もあるので、この決定内容からそうした社会的要請が改めて受け止められることを期待したい旨の発言があった。

4.「浜名湖切断遺体事件報道に対する申立て」事案の審理

対象となった番組は、テレビ静岡が2016年7月14日に放送したニュース。静岡県浜松市の浜名湖周辺で切断された遺体が発見された事件で「捜査本部が関係先の捜索を進めて、複数の車を押収し、事件との関連を調べている」等と放送した。
この放送に対し、同県在住の男性は9月18日付で申立書を委員会に提出。同事件の捜査において、「実際には全く関係ないにもかかわらず、『浜名湖切断遺体 関係先を捜索 複数の車押収』と断定したテロップをつけ、記者が『捜査本部は遺体の状況から殺人事件と断定して捜査を進めています』と殺人事件に関わったかのように伝えながら、許可なく私の自宅前である私道で撮影した、捜査員が自宅に入る姿や、窓や干してあったプライバシーである布団一式を放送し、名誉や信頼を傷つけられた」として、放送法9条に基づく訂正放送、謝罪およびネット上に出ている画像の削除を求めた。
また申立人は、この日県警捜査員が同氏自宅を訪れたのは、申立人とは関係のない窃盗事件の証拠物である車を押収するためであり、「私の自宅である建物内は一切捜索されていない」と主張。「このニュースの映像だけを見れば、家宅捜索された印象を受け、いかにもこの家の主が犯人ではないかという印象を視聴者に与えてしまう。私は今回の件で仕事を辞めざるをえなくなった」と訴えている。
この申立てに対し、テレビ静岡は11月2日に「経緯と見解」書面を委員会に提出し、「本件放送が『真実でない』ことを放送したものであるという申立人の主張には理由がなく、訂正放送の請求には応じかねる」と述べた。この中で、「当社取材陣は、信頼できる取材源より、浜名湖死体損壊・遺棄事件に関連して捜査の動きがある旨の情報を得て取材活動を行ったものであり、当日の取材の際にも取材陣は捜査員の応対から当日の捜索が浜名湖事件との関連でなされたものであることの確証を得たほか、さらに複数の取材源にも確認しており、この捜索が浜名湖事件に関連したものとしてなされたことは事実」であり、「本件放送は、その事件との関連で捜査がなされた場所という意味で本件住宅を『関係先』と指称しているもの。また本件放送では、申立人の氏名に言及するなど一切しておらず、『申立人が浜名湖の件の被疑者、若しくは事件にかかわった者』との放送は一切していない」と反論した。
さらに、「捜査機関の行為は手続き上も押収だけでなく『捜索』も行われたことは明らか。すなわち、捜査員が本件住宅内で確認を行い、本件住宅の駐車場で軽自動車を現認して差し押さえたことから、本件住宅で捜索活動が行われたことは間違いなく、したがって、『関係先とみられる住宅などを捜索』との報道は事実であり、虚偽ではあり得ない」と主張した。
今月の委員会では、次回4月の委員会で申立人と被申立人のテレビ静岡にヒアリングを実施し詳しい話を聴くことを決めた。

5.その他

三好専務理事から、3月10日に開かれたBPO理事会で、放送人権委員会の委員を1名増員することが了承されたと報告された。また、2017年度の事務局の新体制についても報告された。
以上
posted by Kose at 12:27| STAP

【和モガ】「STAP細胞事件」-若山氏がなりふり構わず論文を撤回しようとした理由

若山変心説は、無謀なねつ造説や、妨害グループによる教唆圧力のような状況証拠は枚挙にいとまがない。
だが、科学的というか物理的証拠に基づく議論はなかった。
和モガ氏は、妨害工作によるES混入偽装はあったが、若山氏の研究を基本的に支持している。
論文使用マウスが、動物保護団体による実験計画の問い合わせによる結果のマウスがまったく一致しない点を鋭く指摘している。注目すべきは、問い合わせが2014年2月18日になされたと言うことである。2月17日には、インタビューで若山氏は自分の研究に確信を持っている旨を述べている。だがその後撤回呼びかけ(NHKインタビュー)のあと、「ぼくのマウスじゃない」(NHKインタビュー)へと急展開する。勘ぐれば、PEACEの問い合わせで、初めて使用マウスを調べ、合理的回答が出来ないことがわかったから「ウソ」を公共放送で発表する愚挙にでたと想像できよう。タイミングが絶好であることがすごいと思う。


若山氏が論文を撤回しようとする態度には違和感を覚えた。以前、「「キメラマウスの写真の取り違い」は本当か?」で、キメラマウスの写真に取り違いなどなく、これは論文を撤回したいがための方便であると書いたが、なりふり構わず論文を撤回しようとしたのは、マウスのコンタミが明らかになるだけではなく、動物保護団体「PEACE」の存在があったからではないかと思う。
「PEACE」は理研に「STAP細胞論文の動物実験計画書についての質問書」を2014年5月9日に送ったことをブログに掲載している。
・・・・・
若山研で、理研の設置する「審査委員会」を無視した杜撰なマウスの取り扱いがあったのは明らかで、もし、このような不正行為を「PEACE」が正確に把握していたら、理研の情報公開窓口に言いくるめられることはなかったろう。そのときは、「世界の若山」であるがゆえに、大きなスキャンダルになっていたはずだ。
「PEACE」はSTAP細胞に関する情報開示請求手続きを開始したのは2014年2月18日だと書いてある。理研は小保方氏の着任当時の実験についても若山氏に確認しているはずで、この動物保護団体の追及に若山氏は大いに困惑したに違いない。若山氏がなりふり構わず論文を撤回させようとしたのは、「申請書」とB6GFP(cag-gfp)の不都合な関係が明らかになるのを恐れたからだろう。
posted by Kose at 07:25| STAP

2017年04月02日

飛鳥山へ行く

上野はさすがにひどい混雑だろうと思い、バスで王子の飛鳥山公園に行った。

都電荒川線
oji_IMG_2002.JPG

テレビでは上野は7分咲きと言っているが、飛鳥山公園は、3分咲き程度だと思う。しかし人出は満開であった。気温は、そこそこ暖かかった。写真は撮らないが、何にも桜咲いてないところで、顔を真っ赤にした若い女性がもののあわれであった。
oji_IMG_2004.JPG

ショーもやっていた。枯れ木も山の賑わいである。
oji_IMG_2007.JPG

帰りは、徒歩だった。石神井川の滝野川、加賀の桜は7分咲き以上であったものの、デジカメの電池切れで撮影できなかった。明日以降、チャリで撮影しに行きたい。

なんとか週末外出の目標は達成した。

FBに「― 安い!ギター愛好会」というのがあって、参加している。これが面白いし、勉強になる。このグループにおける「安い」というのは3000円くらいまで。ヤフオクやハードオフで探すらしい。ハードオフは、近所だと下赤塚〜成増の中間あたりの辺鄙なところにあるハードオフ板橋赤塚店だけである。いつか探検しに行きたい。

安いLegendのプレベなんだが、一所懸命練習していたら、フレットの端の処理が甘い(安いアジア製ではありがち)ため、指の腹から血が出るまでになってしまった。紙やすりでなんとかなめらかに削って、現状問題はなくなった。

バッカスといい、Legendといい、図工の時間みたいである。


posted by Kose at 18:23| 日記