2017年03月24日

VSTベースアンプ・シミュレーターはこれ「GK Amplification 2 LE」 追加「AmpliTube4」

ベースアンプ・シミュレーターというのはマイナーなカテゴリーだ。記事が少ない。VSTも少ない。
ベースのデスクトップ録音はサンズアンプのプリアンプが超定番らしい。
TECH21 (テック21)
Sansamp/Bass Driver DI V2
ベース用DI/プリアンプ
\25,800(税抜) (\27,864 税込)
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/224222/
tech21_bsdrv2ff.jpg


ベースが6800円なのに、2.8万円のプリアンプは非現実的である。

べリンガーのプリアンプで十分である。ただしトーンとかゲインとかないけれど。プリアンプはなくても、オーディオインターフェースだけでも大丈夫。あった方が、歪みのない音が得やすい。歪んでいい人は、必要がないとも言える。

今回新たに導入していいと思ったのは
Gallien-Kruegerのベースアンプをシミュレートした無料プラグイン『GK Amplification 2 LE
http://melodealer.com/audified-gk-amplification-2-le/


ものすごく親切でない記事なので、説明を加える。

有料版GK Amplification 2 Proの機能制限版で、一つのタイプしか使えない。

つぎのGallien-Krueger社のプロダクツ>フリー>Live Guitar and Bass Bundle LE
https://shop.audified.com/collections/products/products/live-guitar-and-bass-bundle-le?variant=28511870727
で買い物カゴアイコンをクリックして通常のEC手順で購入。
リンクが登録されたメアドに届くので、それをクリックしてダウンロードして、インストールする。
無料である。アクティベーションの必要はない。

ベースアンプだけでなく、「ampLion」というギターアンプシミュレーターも同時にインストールされる。こっちは試していない。メニューでは「Audiffex」というグループにともに登録される。

音は好みの問題だが、GK Amplification 2 LEはゲインが高くて、SN比がよく、妙なノイズもない。かなりのフリーベースアンプシミュミュは、何か変な雑音がある。このためプリアンプを使わないでも結構モノホンぽい音を作れる。基本的にもブースト感が強いが、つまみをいじればクリーンな音歪んだ音ともにつくれる。プリアンプやエフェクターなしで通したい人、ベースが2.2万円以下の人はこれしかない。

ロック系の人は安心のVSTプラグインだと思う。

SnapCrab_Product Name_2017-3-24_13-37-39_No-00.png

追加:
IK Multimedia AmpliTube Custom Shop (AmpiliTube 4)
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/amplitubecs/
左欄の「Buy Now / Free!」をポチ。Windowsとマックが選べる。
無料だが、アカウントを登録してアクティベーションが必要(少し面倒)。
これにも、ベースアンプが2種類入っている。クリーントーンはこちらがおすすめ。スラップ・ベースもOK!
*ともに若干高音のノイズがある。Ampegの方はホワイトノイズが確実にでるようだ。高音が強いのでしょうがないか?
SnapCrab_NoName_2017-3-24_14-57-7_No-00.png

SnapCrab_NoName_2017-3-24_15-0-14_No-00.png
posted by Kose at 13:47| My Music