2017年03月09日

【和モガ】「STAP細胞事件」-STAP細胞もキメラもSTAP幹細胞もFI幹細胞も全てある(2017.03.09)




FI細胞が一番重要である。なぜならSTAP幹細胞は因果的にES細胞と変わらないからである。
朝、あまり睡眠のよくない中書いたが、次いで重要なのは、現物が残らないから二番目なんだが、どんな目が節穴の若山氏でも、STAP細胞塊の外的特徴はES細胞と見誤りようがないという丹羽博士らの証言があるからである。後者から、小保方氏が提供した細胞がES細胞でないのは「自明」である。あほかNHK。最低でも若山氏の保身に手を貸しただけだ。

最後に出来たFI幹細胞があったということは、STAP細胞もキメラもSTAP幹細胞もあったということになる。STAP細胞からキメラができ、その胎盤が光ったことからSTAP細胞が胎盤にも寄与することが分かった。そして、STAP幹細胞が出来ていたことから、STAP細胞でTS細胞も作れるだろうと思い、FI幹細胞を作ったということになるだろう。


この順序の時系列は検証可能なんだろうか。ぼくの出る幕ではないが、まだSTAP幹細胞がES細胞と排他的か実は個人的に納得していないが、今後の議論を待ちたい。閲覧者氏理論を除けば、何か若山氏の瑕疵があるとすればそこしかない。小保方氏の増殖率のグラフもそこであるなど・・・

したらば掲示板で、STAP細胞実験敢然ねつ造説が、展開されている(ryobu-0123氏なら喜びそうだ)。閲覧者氏の「有志の会」への投稿を掲載したモノだが、その議論の一番簡単な難点はFI細胞である。閲覧者氏(在原業平氏)の場合、アドホックな話は非常に多いが、FI細胞についてもやはりアドホックな説明をするんだろうか?


posted by Kose at 16:41| STAP

【学とみ子】若山研究室と理研を守ることが、何より大事だった。こぶしを振り上げてしまった分子生物学会の偉い先生たちの顔を潰してはいけない。

今のところ精鋭達が、STAP細胞事件化以降の、若山変心もんだいの何らかの策謀の痕跡を洗い出している最中だ。数ヶ月で若山氏の不正か、変心の客観的根拠にぐっと迫るだろう。バラバラにやっていらっしゃるのでまとめない。

ES細胞説などは昔話である。なのでNスペは人権侵害どころか全部思い込みの学者らの政治運動なので、いろいろでたBPO勧告への「コラム」での反論などちゃんちゃらおかしいので読まない。

科学者の意見など必要はない、ばかか。科学ライター。科学者のやることは実験や証明である。みなさん反応しているが、そういうわけで何の反応もしない。学とみ子氏はおもに論文公開後1週間で出された分子生物学会などの重鎮によるメールから、あらかじめ論文を潰す策動がなされていたと推定する点で、遺伝子ばかり論じている精鋭とは少し違う。論客らや科学者が話し合えばとか訴訟をすれば真理が明らかになるという学とみ子氏はナイーブである。土台が違う人が議論をしても、なんにも生まれないというのがトマス・クーンの教訓である。遺伝子というのは数少ない共通の土台だから、話は成立するが、それは実験のプロセスについて何の調査もないからである。数少ない遺伝子以外の客観的事実はFI細胞の胎盤問題、STAP細胞塊の小さく間質の乏しい見た目でわかる性質である。後者だけで、STAP細胞がES細胞でないのはバカでもわかる。STAP細胞が何かであるか、なんでもないかのいずれかである。こんなことでも頭からES細胞説をすり込まれた愚鈍な学者は説明する必要すら感じず無視できるのである。都合の悪いことは見ない。というような科学バカを論じる姿勢では若干学とみ子氏と認識が共通する点がある。
ほぼ日々更新していらっしゃるので、異論も多いんだけど。たまには一部紹介する。

若山研究室と理研を守ることが、何より大事だった。こぶしを振り上げてしまった分子生物学会の偉い先生たちの顔を潰してはいけない。
2017/3/8(水) 午後 11:45 万能細胞 iPS ES STAP その他の病気
学とみ子 http://blogs.yahoo.co.jp/solid_1069/14831673.html

https://news.yahoo.co.jp/byline/takumamasako/20170228-00068084/
2月28日に、詫摩雅子氏がヤフ-ニュースに書いた記事、「STAP細胞をめぐるNHKスペシャル BPO判断に問題はないのか?(1)がある。
この記事について、1研究者・教育者の意見のブログでも取り上げている。
http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/
「小保方氏には元留学生のES細胞を何らかの不正行為により入手、混入してSTAP細胞を作製した疑惑がある」問題について。
BPOの委員会は、真実性・相当性はないと判断して、「人権侵害あり」となった。
さらに、BPOは、小保方氏と笹井氏のメール読み上げ映像の問題点に関しては、人権侵害は認めていない。
これを受けて、詫摩氏は、次のように書いている。青字
メールは問題なしの判断
実を言えば、筆者自身がBPOの判断で「え、そうなの?」と一番強く感じたのは「人権侵害あり」となった部分ではない。
筆者自身(詫摩氏)はリアルタイムで放送を見ながら、あの男女の声を「この演出はマズいだろう」と感じた。NHKにその意図はなかったようだが、男女の仲を疑わせる演出と受け止めたからだ。そして、それは研究不正と直接の関係はないので扱うべきではないと考えた。もちろん、これは筆者の主観からの判断だ。今回のBPOの判断を知って「あのメールの件は、問題ではないのか」と疑問視した人もいれば、妥当な判断とした人もいた。
BPOはこの部分を品位が無いが、人権侵害ではないとした。

男女の仲をのぞき見する報道など、他にいくらでもある。
放送する方も品位がなく、視る方も品位がない事はわかっていても、人々は興味を持つ。
興味のあることは、視聴率があがるネタだ!、ただ、それだけの事である。
この男女の部分は、窃盗疑惑やねつ造疑惑に比べたら、人権侵害の審議とは質が異なるものである。だから、BPOは問題にしないのである。
詫摩氏は、この男女の部分の映像を見て、まずいな!と思うくらいなら、自ら、小保方氏にぶつけているねつ造疑惑を、なぜ、まずいな!、思わないのであろうか?
証拠がないな!と、なぜ、思わないのであろうか?
小保方ねつ造については、理研や分子生物学会の偉い先生たちも同意しているのだから、これで良いのだと詫摩氏は考えているのか?
むしろ、小保方捏造論を疑問視してはいけないと、詫摩氏は、自らに言い聞かせているようでもある。
すでに、事件から2年以上もたっても、小保方氏ねつ造論では説明できない事実が、そのまま放置されている。
「あの日」の発売があっても、小保方氏から提起された内部事情の暴露内容に対して、関係した学者たちからは何も反論が出ないのだ。
「あの日」で書かれている出来事の真偽についても、マスコミが学者たちにインタビューを申し込んでも誰も対応などしないだろう。
砂上の楼閣のように積み上げられたねつ造説が壊れてしまうことを、学者たちは恐れているのかもしれない。
桂調査委員会は、若山研究室と理研を守ることが、何より大事だった。
桂調査委員会は、こぶしを振り上げてしまった分子生物学会の偉い先生たちの顔を潰してはいけない。
だからこそ、STAP(幹)細胞は、ES混入であるとの結論したのである。
すり替えとか、入れ替えとの人為的な行動を絡めることを排除した。
混入というのは、非常にあいまいな表現である。ごまかす時には、最良の言葉だ。
故意であろうと、なかろうと、どちらでも使える。
実験者が混入に気付いていようが、いまいが、どちらでも使える。
ありとあらゆる可能性を含んだ言葉だ。
桂調査委員会は、混入がいつどこでどのようにしてなどと説明する気はさらさらない。
説明などしたら、訴訟の時に、理研にとって不利だ。
ただ、若山研究室、理研、分子生物学会に傷がつかないような結論とすることが、桂調査委員会の目的である。もちろん、小保方氏がねつ造したなどとも言わないのである。
しかし、小保方氏に個人的にうらみを持つ理研関係者がいて、小保方氏にねつ造の罪を押し付けたい人はいた!。
「あの日」には、彼女のモテモテぶりが書かれているが、そうした記述を見ても、人々からの嫉妬が想像できる。
さらに、小保方批判に乗じて、笹井氏の勢力を牽制しようとする人たちもいた。
反小保方、反笹井のこのグループの人たちは、一時的には協力していた。
分子生物学会のメンバーやその他の理研関係者を相手に、アンチ小保方、アンチ笹井のグループの属する人たちが、「小保方氏によるねつ造は間違ない。これだけいろいろな証拠がある」と噂を広めたであろう。
内密に、噂は広がり、STAP発表前から、ねつ造行為を信じる人たちが、学会、マスコミ界で増えていったであろう。
「論文が出たら、一気に抗議しましょう」との学者間の申し合わせもあったと思う。
そうでなければ、理研への連名の抗議メイルを、発表後1週間では出せるはずがない。
実は、こうしたESねつ造論は、理研上層部も把握していた。論文発表後に起きるであろう事件を上層部が危惧していた様子が{あの日」にある。
当然、小保方氏も事件を予期し、実験中にいやがらせも受けていたであろうが、{あの日」には書けなかった・・・。
しかし、この時小保方ねつ造の噂を信じていた人たちの中で、後にこの説に疑問を感じるようになった人もいると思う。
その後の展開が、予想したことと異なっていたからである。
たとえば、噂とは違い、
STAP幹細胞の種類が極めて多いのを知った時とか、
決めてとなる検体の調査はされないと知った時とか、
調査した対象となったESの遺伝子がおかしいのではないか?太田氏に確かめたいとか・・・
などなど、いろいろな疑問を感じた学者もいたと思う。
実際の調査内容を知れば、この調査では不十分と感じる人はいたであろう。
流されていた噂とは、やや違うと実感し、面食らった人もいたと思う。
そして、ねつ造論にだまされたとわかって、怒る人とかもいたかもしれない。
桂調査委員会は、どの細胞を検索するのかを、若山研究室に決めさせていた。
かなりの部分は、すでに改革委員会などで調査されていたものと重複する。
容疑者がいるかもしれない若山研究室に、検体を提出させていた。
若山研究室を善意の協力者とみなしたことなど、矛盾に満ちた調査であった。
この時の、小保方氏のくやしい悲しい思いは、「あの日」に思い切り語られている。
だから、桂調査委員会のこうしたやり方に、疑問を感じた学者がいても当然だ。
遺伝子解析はお金のかかる話であるが、それを理由に都合の良い検体だけを解析した。
検索の幅を広げれば、ねつ造ストリーが書けなくなるのである。
だから、ストリーが書ける検体のみを選んで遺伝子解析した。
「あの日」が出版され、新たな疑問が生じても、桂調査委員会や関係学者たちは、決してコメントしようとしないのである。
BPO委員からの問い合わせに対しも同様であろう。
・・・・・


末尾のこの部分は、子供の喧嘩なので却下する。
学者層からは、何もレスポンスが無いのはおかしいとの擁護派が学者層を批判しても、意味はない。
そんなに不満なら、早く訴訟を起こせ!と、学者層一部から回答が返ってくるだけである。
学者たちの中には、訴訟になってはっきりした方が良いと考える人もいると思う。
だがら、「早く、訴訟を起こせ!」とのコメントもあるのだろう。
posted by Kose at 06:12| STAP