2017年03月08日

次はアンプ

アンプはいろいろ売っていてね。
今本命はVOXのVXIIなんだけど、30Wというのが信じられん。USB出力の完全なアンプシミュレーター機能がある。しかし説明によるとパワーアウトのボリュームが別にあるらしいので、小出力で出来るらしい。ここ確認大切。1.2万円と言うから驚きだ。おもちゃとしても試す価値はある。

vox_vxiia.jpg

もうPOD2.0の音は飽きてしまった。歪み系もクリーン系もつまらない。
ソフトウェア・アンプシミュレーターを無料でPODは出しているんだが、新しいPOD Studioというアンプインターフェース・シミュレーターに製品版が同梱されているそうだ。一番お安いのが\9980である。

line6_psgx.jpg

VOXか?POD Studioか?両方かという感じだね。

まあ新しい中華レスポール担いで、春になったら、いろいろアンプを試す旅に出たい。いい加減家に閉じこもっているのは飽きた。





posted by Kose at 21:39| ギター

レスポール到着、嬉しい

美しい!
lsIMG_1988.JPG

虎目もそこそこ
lsIMG_1988-2.JPG

ヘッド Tokai Love Lock model
lsIMG_1990.JPG

ヘッド裏
made in China
lsIMG_1992.JPG

セットネックです。
lsIMG_1993.JPG

重い。YAMAHA SG800よりは軽い。Ibanezよりはずっと重い。
Ibanez比でパワーは少しない。

Direstraitsの「マネーフォーナッシング」のリフをそれぞれトーカイ・レスポール、アイバニーズ・GIO、バッカス・テレキャスでひいいたもの。

トーカイの方がパワーは落ちるが甘い。Ibanezのパワーはすごく荒い(相対的に)。テレキャスはそもそも低音が出ないのでこんな感じ。アンプの設定は同じで、マイクでアンプ出力を録音。



問題は、ハムバッカ―が強すぎると、何にもニュアンスがないかうるさいかということになるが、マーク・ノップラーの「ブラザーズ・イン・アームズ」のピッキングで、強さで、クリーンとハイゲインをコントロールしていると言うことだ。それをまねしたいだけの話。アイバニーズではそういう芸当は不可能ということ。

スケールが短いので、ビブラートこんなにかけやすいのには驚いた。

しばらくお遊びしたい。
posted by Kose at 13:51| ギター