2017年01月20日

小保方氏学位剥奪事件の推定中心人物、吉田大輔・元同省高等教育局長(61)が早稲田大教授を辞職

文科省元局長、早大教授を辞職=天下りあっせん問題
時事ドットコムニュース 2017/01/20-17:18
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012000709&g=pol
 文部科学省の再就職あっせん問題で、政府の再就職等監視委員会が国家公務員法違反に当たるとの調査結果を公表したのを受け、早稲田大は20日、吉田大輔・元同省高等教育局長(61)が同大教授を辞職したと発表した。


続報
文科省元局長、早大教授を辞職=退職2カ月再就職―天下りあっせん問題
時事通信 1/20(金) 17:16配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000110-jij-soci
 文部科学省の再就職あっせん問題で、政府の再就職等監視委員会が国家公務員法違反に当たるとの調査結果を公表したのを受け、早稲田大は20日、吉田大輔・元同省高等教育局長(61)が同大教授を辞職したと発表した。
 同日付で辞表が提出され、受理したという。
 吉田元局長は1979年に文部省(当時)に入り、文科省官房人事課長、研究振興局長などを経て、2014年1月に高等教育局長に就任。15年8月に退職し、約2カ月後の同年10月に早大大学総合研究センターの教授に再就職した。
 高等教育局は大学の設置認可や私学への補助金交付なども所掌。一方、同センターは教育、経営の質的向上などを研究している。
 同センターのホームページは、吉田元局長について、専門分野として高等教育政策などを挙げ、「文部科学省等の各種事業関係に関する連絡調整等への関与(大学への助言)を行う」などと記していた。


マスコミは、官僚の天下り批判の一般論化して、吉田大輔の特定の問題を隠蔽しているというわけ。まあこれで、小保方晴子氏の学位に関する訴訟ははるかに事態が改善した。また学位剥奪を強行に求めた早稲田大学教員有志というのが、文科省のこの元局長の指図(ポストの見返りを期待しつつ)で吠えていたこともわかった。

調査報告もいいけれど、現実が動くのを待つ方が確実でしかも楽ちんだ。

早稲田大総長が謝罪 文科省天下り「便宜供与ない」
日本経済新聞 2017/1/20 23:36
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20HD2_Q7A120C1CC1000/
 文部科学省の違法な再就職あっせんで元高等教育局長を教授として受け入れ、政府の再就職等監視委員会の調査にも同省と口裏を合わせて虚偽の説明をした早稲田大の鎌田薫総長が20日記者会見した。鎌田総長は「文科省の違法なあっせん行為を止められなかったことを反省している」と謝罪の言葉を口にしたが、「違法との認識はなかった」「不当な癒着はない」などと釈明に終始した。
 鎌田総長は、監視委の調査に対し、早大の人事担当者が文科省の依頼でいったんは虚偽の説明をしたことについて「一時的に調査を混乱させたことをおわびする」と陳謝。虚偽の説明は担当者が独断で行ったとし「文科省に従わざるをえなかったのだろう」との見方を示した。
 20日付で教授を辞職した吉田大輔元高等教育局長(61)は大学を所管する立場にあった。その人物を文科省退職の約2カ月後に採用した理由については、2014年設置の大学総合研究センターに「高等教育行政に精通した人材を求めていたから」と説明した。
 鎌田総長は「文科省側から『正規の採用手続きが退職後に始まったのであれば問題ない』との見解を聞いたため、違法との認識はなかった」と釈明し、「文科省が違法なことをするなんてあり得ないと思っていた。今、思えばナイーブだった」と振り返った。
 「文科省幹部の受け入れで補助金などで有利な扱いを期待したのでは」との問いには「不適切な利益供与、便宜供与を求めたことはない」と強調。今回の問題は建学理念の「学問の独立」「在野精神」が問われるのではとの質問には「国との連携を拒絶することが『学問の独立』ではない」と主張し、「(今後は公務員の再就職の)規制の中身を理解し、後ろ指を指されないようにしたい」と語った。

早大大学総合センターは2014年7月1日設立 高等教育局に許認可権限あり?
→2015年8月4日の退職二日後吉田大輔面接
→定期採用通り10月採用

早稲田大学 大学総合研究センターFBタイムラインより
https://www.facebook.com/waseda.ches/
早稲田大学 大学総合研究センター
2014年7月1日 ・
こんにちは。
早稲田大学 大学総合研究センターです。
大学総合研究センターは、
高等教育研究部門(CHER)と
教育方法研究開発部門(CTLT)の機能をもち、
2014年2月1日に設立されました。
高等教育研究、IR、ICT活用教育支援やFD推進などを通して多くの方々との関わりを紡いでいきたいと考えております!
どうぞ宜しくお願い致します!


追加
根深い関与、体質露呈=私学助成で癒着も―文科省
時事通信社 2017年1月20日 19時47分 (2017年1月20日 23時57分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170120/Jiji_20170120X275.html
 文部科学省の天下りあっせん問題で、政府の再就職等監視委員会の調査結果は、人事課OBを仲介させるなど組織ぐるみのあっせんが常態化している同省の体質を浮き彫りにした。同時に、助成金の配分で関わりの深い同省と私立大の癒着も改めて露呈した。
 監視委の調査や文科省によると、人事課が退職予定者の個人情報や法人からの求人情報を同課OBに提供し、適任者を「マッチング」してもらう手法が横行。2008年末に施行された改正国家公務員法で、省庁によるあっせんが禁じられたのを受け、規制違反を免れようと09年ごろから行われているという。引責辞任した前川喜平前事務次官も文科審議官だった16年3月ごろ、このOBを介して退職予定者の再就職をあっせんしていた。
 また、今回問題となった早稲田大教授に再就職した元高等教育局長のように、大学行政を所管する同局出身者が私立大に再就職するケースは多い。資金獲得で有利になるよう私大側がOBを受け入れる構図が、天下りの温床となっているとの指摘もある。運営を支援する私学助成金について、同省は「教員数や学生数などに応じて配分している」と公平性を強調するが、近年は先進的な取り組みを行う大学に配る補助金も創設している
 同省は一連の問題を受け、天下り規制に関する業務を、違反に関与していた人事課から総務課に移管。松野博一文科相は「省全体として法令順守の意識が不足していた」と認め、研修を通じて職員の意識改革を徹底するとした。再発防止には、組織ぐるみの慣習や私大との関係など根深い体質の改善も求められる。


【報ステ】文科省“天下り”早大「従わざるを得ず」(2017/01/20 23:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092606.html
 文部科学省が天下りのあっせんを行った問題で、政府の再就職等監視委員会が20日、調査結果を公表した。この中で、元高等教育局の吉田大輔元局長(61)が早稲田大学の教授として再就職した件について、文科省が大学側と口裏を合わせ、隠蔽工作を行っていたこと、そして、別のあっせんでは、辞任した前川事務次官(62)も関与していたことが明らかになった。天下りあっせんの疑いなどは38件に上る。前川事務次官は審議官当時に2件のあっせんに関与していた。前川事務次官は20日夕方、取材に対し「国民の信頼を損ねたことについて大変申し訳なく思っている」と語った。また、早稲田大学は夕方会見を行い、鎌田総長は「文科省から強く依頼されたとき従わざるを得なかったと同時に、国家公務員法に違反するという認識は持っていなかった」と述べた。早稲田大学に天下った吉田元局長は20日付で辞表を提出し受理された。
posted by Kose at 17:30| STAP

【和モガ】若山氏が「STAP細胞事件」のねつ造とは無関係なのがどうして分かんないんだろうね



みんなは若山氏が「STAP細胞事件」のねつ造とは無関係なのがどうして分かんないんだろうね、それがとっても不思議。若山氏がキメラ、STAP幹細胞を捏造するなら、わざわざ論文と違うES細胞で捏造するはずないだろうに。キメラ、STAP幹細胞、FLSはアクロシン入りだよ。
2017年1月19日 21:02


ところで、元文科相高等教育局長天下り「暴露」事件は、BPO勧告後、政府が小保方氏の博論訴訟を和解に持ち込む、準備段階だと考えるのが現実的な予測だと思う。どう?当時の文科省幹部粛正だよ、実質的に。天下り摘発事態は、形式犯。退職以降の日記の連載予告も影響したかもね。

posted by Kose at 02:53| STAP