2016年10月03日

固有名(proper name)の議論の独自解釈

これは分析哲学をお勉強した人以外には全く関係のない話である。
だが集合論をモデルとした命題で外延がひとつである場合、その内包的定義は何かという奇妙なケースが確かに存在する。
数学なら円周率とかネイピア数とか特異な無理数があるけれど、それは一応近似的に一意に定義可能である。
そうではない日常言語では無数に外延がひとつしかない名辞は存在する。
この問題はラッセルが定冠詞のつく名辞は一般名辞で記述可能だという「記述説」としてごく短く述べたが、天才クリプキが噛み付いて大問題になった。ただし分析哲学の界隈だけだが。
クリプキの主張は、大変わかりにくいが例として、ゲーデルの不確定性原理を「実は」ゲーデルだはなく他の人が書いた場合、ゲーデルを不確定性原理の著者と記述するのは誤りだということになる。クリプキは固有名の指示は「因果的」だという。
これ自体瑣末な話なのだが、その後「意味の因果説」(デイヴィドソンら)に大きな影響を与えた。
断っておくと、分析哲学の言語哲学(The Phylosophy of Language)では、「意味」をなんとか頭の中のもやもやしたものという考えをいかに拒否するかが焦点なので、たいへんバカバカしい意味の因果説という袋小路に入って人気がなくなったのもうなづける。
それについて書く力量がないので、固有名だけ扱う。

ラッセルは間違いである。それは論理式の体系が現在形として考えられていること、つまり時制や様相がない普遍的現在で、記述を考えている点である。これはぼくが考える限りにおいて分析哲学がほとんど全部間違いであることすら含意すると思うのだがそれはあまりにいいすぎかもしれない。

しかし論理は、現在形+(時制、様相)なのである。クリプキだってそうである。

この点を抑えるとウィトゲンシュタインがひどい馬鹿であったことが単純に理解できる。後期の「哲学探究」で、子どもたちがあるゲームをしていて、そのやり方が変わったときのことを考察している断章があるが、その断章がウィトゲンシュタインの墓場のような気がする。

そういう論理や規則の独立した世界は「存在しない」ということである。

であるから、まああまり評価が変わらないゲーデルやアインシュタインを例に上げるのは得策でないから、ラッセルが好んであげた「フランス王は禿である」は時制や様相を加えることで、真理値をもつ場合があるのは明白である。このため今日の言語哲学の教科書では「現在のフランス王は禿である」と書き換えられていると思うが、それでもこの「現在の」に様相や時制を加えることができるので、「フランス王は禿である」と変わることはない。よってラッセルは、固有名の記述が様相や時制で変化するとは考えなかったという点で致命的に誤りである。今の議論の「フランス」が固有名であることに注意されたい。

以上。
posted by Kose at 13:50| 日記

Yahoo!ニュースがひどいのを知らないのにびっくりした

すぐに気づいた。
なんか、Yahoo!ニュースが、ステマニュースサイトとの契約を打ち切ったときに、気づいた。
なんかたとえば「こんなに日本を中国人がほめている」みたいなニュースがかつて死ぬほどリンクされ、リンクを辿っていくとほぼ同じニュースの中をぐるぐるし始めるみたいな現象があった。このようなサイトとの契約をYahoo!ニュースが打ち切った。
このあと、すぐYahoo!ニュースからこのようなネタサイトとのリンクがなくなったため、デフォルトだとほとんどスポーツニュースに、若干の芸能ニュースしか出ないようになった。
その時、クッキーを削除して、どんなニュースが出るか何度か試した。明らかにクッキーに閲覧履歴が保存され、それに応じて出てくるニュースが変化することがわかった。
ネットでこの現象を報じたものがない。どこでもやっていることだからだろう。そういうわけでネットニュースを見るときは、シークレットウィンドウで見ることにした。
そうすると、似たようなものが何度も何度も出てくるという現象はなくなる。もちろん広告ブロッカーは重たいので、Ghosteryというリンク遮断プラグインを常時稼働させてある。

Ghostery解説サイト
https://www.ptengine.jp/blog/index.php/ghostery/

Google Chrome版とFireFox版、Opera版があるようだ。IEやEdge版があるのか知らない。使わないから。
スマホ版Ghosteryがあるのかしらない。
*追加:スマホ版はGhosteryを別途インストールする形らしい。
 例:https://chrome.google.com/webstore/category/apps?hl=ja

強力で、ツイッター、フェイスブックなどのボタンすらシャットダウンする。使う場合は一時的ないし常時選択して許可すれば使える。まずほとんどの広告リンクが遮断される。ひどいと20以上の広告リンクが有ることがわかる。
上の解説サイトのGhosteryのブロックの結果は次のようである。
SnapCrab_NoName_2016-10-3_8-16-41_No-00.png
Ghosteryなしにネットやっているのは裸で外をあるいているようなものだ。

Yahoo!ニュースはほとんど価値ないのだが、そのネット世論と言う村で何がおきているのか兆候を見るくらいである。最近はめっきり寂しい感じがする。

とにかくYahoo!ニュースはシークレットウィンドウで見るは、常識である。それはエロサイトをシークレットウィンドウで見るのと同じくらい常識的な注意である。ぼくはエロサイトは見ないが。

ちなみにSeeSaaの記事のブロック状況。
SnapCrab_NoName_2016-10-3_11-59-9_No-00.png
さくらのブログは許可したソーシャルメディア以外ない。
SnapCrab_NoName_2016-10-3_12-2-11_No-00.png
あなたはこのように追跡されているのだ。
posted by Kose at 08:31| 日記