2016年09月29日

錯視などの哲学的意義、懐疑論を経験的に検証できること

脳神経科学が、意識とか心がわかるとかいい出すと眉唾ものである。その手の本がたくさん出ていて、吐き気がしそうである。

さてジョン・サールが2015年に出した新刊『Seeing As They Are』(当時ディズニーの映画が流行っていたので翻訳のタイトルは『ありのままに見る』にした)は、サール先生が80歳を超えて、もうちょっとでラッセルの域に達しそうな年齢で出した本で、主に知覚の志向性を扱ったものだ。とくに比較的新しい哲学的知覚理論で、「宣言主義」という理論を批判するものから発展して一冊の本になったんじゃないかと思う。
宣言主義は、真の知覚と偽の知覚が排他的だという立場として簡単に要約できる。
だが、「錯視」のような認知心理学の得意な例は、真の知覚でありかつ偽の知覚である領域があるということを示している。
認知心理学ないし脳神経生物学がしばしば含意する、「ヒトは脳によって騙されている」というのはある意味本当である。生きるに都合いいように外界の知覚を適当に脳神経レベルで編集しちゃっている体得る。「錯視」のような例は、その編集が自覚できるまれな例の集合である。
ここで重要なのは
1)「〜と見えると(ように)見る」というシステムの「〜と見える」部分は、知覚に本質的である。
 この「と見える」部分は、ニュートラルな意味で現象学的部分である。そのため錯覚が起きるためには現象学が必要であると言う哲学的含意がある。これを過小評価した言い方で「ヒトは脳によって騙される」部分の「ヒト」が現象学的質的知覚をもっている=(脳科学の用語で言うと)クオリアをもっているということである。
2)このような異常な知覚と正常な知覚は同じである。これが宣言主義の拒否の部分に当たる。
3)そして異常な知覚を、知覚対象の経験的に確実な知識と、現象学的報告の間の齟齬によって、「錯覚」であると科学的に明言できるということである。
4)デカルトはいろいろな種類の懐疑を提起したが、およそ経験的にある種の懐疑は、根拠あるものとして科学的に解明できるが、たとえば悪魔に欺かれているかもしれないというような、哲学者に任せるしかない問題として残る。「悪魔が欺く」というのは、たとえば「脳が心をもつ」と言うくらい漠然とした問いだからである。

かくして、心に関する脳神経科学の帝国主義は避けるけれど、人間の誤った知覚は人間の正常な知覚の一部であることを示すことによって、ほとんどの哲学的懐疑論と哲学的懐疑論の克服のために発生したすべての観念論哲学は「オワコン」である。

このため、唖然とするかもしれないが、日本で行われているほとんどの哲学論議は無駄である。

とかね。ちょっと復習してみた。
posted by Mondayota at 15:16| ジョン・サール

2016年09月26日

BPOブルース

posted by Mondayota at 19:43| My Music

FACEBOOKアカウントを完全に削除する方法(2016年9月26日)

Facebookアカウントを完全に削除する方法

1)設定→ヘルプ
2)ヘルプセンターを見る *最下段
3)アカウント管理
4)アカウントの利用制限と削除
5)アカウントの削除>自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか
6)文中の「Facebookにご連絡ください」をクリック
7)「アカウントを削除」をクリック
8)アカウントを永久に削除
・パスワード
・セキュリティチェック *画像からトラとかライオンをクリックして選択
9)OK
10)「削除する」をクリック。
11)次のようなメールが登録アドレスに届く
件名:まもなくアカウントが削除されます
アカウント完全削除のリクエストを承りました。アカウントは現在利用解除されており、14日後に完全に削除されます。
アカウントの削除に心当たりがない場合は、Facebookにログインし、リクエストをキャンセルしてください。
https://www.facebook.com/login.php
よろしくお願いいたします。
Facebookチーム

12)注意;2週間削除したメアドのアドレスにアクセスしないこと。ブラウザのフォームの記憶に注意!!!

ネットで人とつながるとろくなことがないのは、パソ通時代から知っている。なのでうざかったらとっととアカウントを削除しよう!!!
posted by Mondayota at 09:30| パソコン&ネット(雑)

2016年09月23日

Windows10のメニュー変わる

最初に「設定」「電源」「アプリ」等が大きく出ており、アプリは「アプリ」を開かないと全部を見ることができなかった。
昨日更新が行われたんだが、左に「電源」「設定」「エクスプローラー」「アカウント」、中央がすべてアプリで上に「よく使うアプリ」、下にすべてのアプリメニューが表示されるように変わった。右のあんまり使わないタイルについてはよく知らない。電源が一番下に来たこと、すべてのアプリがすぐ表示されることは「当然」であって、今までがおかしかった。
SnapCrab_NoName_2016-9-23_10-48-31_No-00.png
posted by Mondayota at 11:46| パソコン&ネット(雑)

2016年09月05日

"Already Gone(my acoustic ply)" をLANDR(AIマスタリングサービス)でリマスター

LANDR
https://www.landr.com/ja

違うのかな?サイト上で比較するとだいぶファットになっているんだが・・・
リマスター版


オリジナル版


posted by Mondayota at 08:24| My Music

2016年09月04日

ぼくの「Already Gone」海外で小反響

Sound Cloudでの海外のフォロワーが急に増えた。

courtneydeharen is following you
ariannebarney92 is following you
Marcus Greene00 is following you
TRi$HA followers, liked Already Gone (my acoustic play)
azikahovylu is following you
carter ryan mercedes1982 is following you
Linda Williams followers, liked Already Gone (my acoustic play)
Country Group is following you

たぶん英語ネイティブの人もいるようだ。
少なくとも発音がひどくなく、全体の感じは悪くわないとネイティブの人に感じてもらえたようだ。人種性別は問わないようだ。半分以上が女性だ。

え〜、調子に乗っちゃうぞ。



今までの中で一番ヒットしたのは、「リトル・ドラマー・ボーイ」をラベルのボレロ風にアレンジしたものだ。クリスマスソングなので毎年100DLある。ボレロについては、スペイン民俗音楽も調べたが、ルーツはスペインでエスクーラ・ボレロ(ボレロ学校)に伝わるものであることを突き止めた。ボレロはスペイン語ないしイタリア語でバレエそのものであり、それにスペインのカスタネットが加わり、19世紀末フランスでこのスペイン版バレエをなんらかのパターンと勘違いしたうちの最も有名なのがラベルだということである。当時のフランス有名作曲はボレロ名の作品を残している。それを踏まえての「リトル・ドラマー・ボーイ」パスティッシュだったのである。

もっと発表するか?
posted by Mondayota at 21:56| My Music

【宅録】イーグルス「もうおさらばさ」アコースティック・カバー

ぼくはおさらばさ
ぼくは自信満々
そしてこの勝利の歌を歌うんだ

イーグルス「Already Gone」カーバー アコギ・オーバーダブと四声のぼくのコーラスで。
多少面白いかな?


YouTube Movie



もうおさらばさ 私訳

ねえ、ぼくは前に小耳にはさんだんだ
君は僕を棚に押し込めようとしているって言っていた
けど君にいい知らせがちょっとあるから教えてあげる
すぐに本当のことだとわかるさ
君はひとりきりでランチを食べなきゃならないんだ

ぼくはおさらばさ
ぼくは自信満々
そしてこの勝利の歌を歌うんだ

君がくれた手紙で僕は凍り付きなぜかと困る
けど思うんだけど、君はものごとをちゃんと整理しなきゃならないと感じたのさ
僕の彼女よ、こう思い出してくれ。
夜空を見上げた時
君は星は見えるけど、光は見えないのさ

ぼくはおさらばさ
ぼくは自信満々
そしてこの勝利の歌を歌うんだ

ねえ、君は僕の自由を奪った人じゃないとのはわかっている
天国は君が僕を自由にしてくれる人じゃないとわかっている
しょっちゅう起きるんだ。鎖につながれた人生を送りながら
ぼくらは鍵をもっていることさえわすれているのを
ぼく以外はね
ぼくはもうおさらばさ
ぼくは自信満々
そしてこの勝利の歌を歌うんだ
posted by Mondayota at 07:32| My Music