2016年09月30日

ネット・リテラシー試験

Q.ある有力人物がFBで読売新聞に「いいね」さっきした。その意味は?



posted by Kose at 19:33| 日記

2016年09月29日

錯視などの哲学的意義、懐疑論を経験的に検証できること

脳神経科学が、意識とか心がわかるとかいい出すと眉唾ものである。その手の本がたくさん出ていて、吐き気がしそうである。

さてジョン・サールが2015年に出した新刊『Seeing As They Are』(当時ディズニーの映画が流行っていたので翻訳のタイトルは『ありのままに見る』にした)は、サール先生が80歳を超えて、もうちょっとでラッセルの域に達しそうな年齢で出した本で、主に知覚の志向性を扱ったものだ。とくに比較的新しい哲学的知覚理論で、「宣言主義」という理論を批判するものから発展して一冊の本になったんじゃないかと思う。
宣言主義は、真の知覚と偽の知覚が排他的だという立場として簡単に要約できる。
だが、「錯視」のような認知心理学の得意な例は、真の知覚でありかつ偽の知覚である領域があるということを示している。
認知心理学ないし脳神経生物学がしばしば含意する、「ヒトは脳によって騙されている」というのはある意味本当である。生きるに都合いいように外界の知覚を適当に脳神経レベルで編集しちゃっている体得る。「錯視」のような例は、その編集が自覚できるまれな例の集合である。
ここで重要なのは
1)「〜と見えると(ように)見る」というシステムの「〜と見える」部分は、知覚に本質的である。
 この「と見える」部分は、ニュートラルな意味で現象学的部分である。そのため錯覚が起きるためには現象学が必要であると言う哲学的含意がある。これを過小評価した言い方で「ヒトは脳によって騙される」部分の「ヒト」が現象学的質的知覚をもっている=(脳科学の用語で言うと)クオリアをもっているということである。
2)このような異常な知覚と正常な知覚は同じである。これが宣言主義の拒否の部分に当たる。
3)そして異常な知覚を、知覚対象の経験的に確実な知識と、現象学的報告の間の齟齬によって、「錯覚」であると科学的に明言できるということである。
4)デカルトはいろいろな種類の懐疑を提起したが、およそ経験的にある種の懐疑は、根拠あるものとして科学的に解明できるが、たとえば悪魔に欺かれているかもしれないというような、哲学者に任せるしかない問題として残る。「悪魔が欺く」というのは、たとえば「脳が心をもつ」と言うくらい漠然とした問いだからである。

かくして、心に関する脳神経科学の帝国主義は避けるけれど、人間の誤った知覚は人間の正常な知覚の一部であることを示すことによって、ほとんどの哲学的懐疑論と哲学的懐疑論の克服のために発生したすべての観念論哲学は「オワコン」である。

このため、唖然とするかもしれないが、日本で行われているほとんどの哲学論議は無駄である。

とかね。ちょっと復習してみた。
posted by Kose at 15:16| ジョン・サール

2016年09月28日

【BPO】議事概要「STAP細胞報道に対する申立て」審理(9月13日)―「次回委員会でさらにこの決定案の検討を続ける」

慎重である。
今月の委員会では、9月6日に行われた第2回起草委員会を経て提出された「委員会決定」案について審理した。次回委員会では、さらにこの決定案の検討を続けることになった。

となっているので、9月6日の勧告起草員会の「案」について9月13日決定に至らなかったということであるが、もはや起草委員会は開かれず、10月中旬の委員会で「検討を続ける」という中途半端な書き方になっている。勧告の基本は固まっていると思われるが、勧告の強さに委員で意見が割れているのかもしれない。

そういうわけでまたあと1ヶ月焦らず待ちたいものである。

>放送人権委員会 議事概要 第239回
第239回 – 2016年9月

事件報道に対する地方公務員からの申立て事案のヒアリングと審理、世田谷一家殺害事件特番事案の通知・公表の報告、STAP細胞報道事案の審理、都知事関連報道事案の審理…など

事件報道に対する地方公務員からの申立て事案のヒアリングを行い、申立人と被申立人の2局から詳しく事情を聞いた。また世田谷一家殺害事件特番事案の通知・公表について事務局から報告し、STAP細胞報道事案、都知事関連報道事案を審理した。

議事の詳細
日時 2016年9月13日(火)午後4時〜10時20分
場所 「放送倫理・番組向上機構 [BPO] 」第1会議室(千代田放送会館7階)

4.「STAP細胞報道に対する申立て」事案の審理

対象となったのは、NHKが2014年7月27日に『NHKスペシャル』で放送した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」。番組では英科学誌「ネイチャー」に掲載された小保方晴子氏らによるSTAP細胞に関する論文を検証した。
この放送に対し小保方氏は人権侵害等を訴える申立書を委員会に提出、その中で「何らの客観的証拠もないままに、申立人が理研(理化学研究所)内の若山(照彦)研究室にあったES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」などとして、NHKに公式謝罪や検証作業の公表、再発防止体制づくりを求めた。
これに対しNHKは答弁書で、「今回の番組は、世界的な関心を集めていた『STAP細胞はあるのか』という疑問に対し、2,000ページ近くにおよぶ資料や100人を超える研究者、関係者の取材に基づき、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したものであって、申立人の人権を不当に侵害するようなものではない」などと主張した。
今月の委員会では、9月6日に行われた第2回起草委員会を経て提出された「委員会決定」案について審理した。次回委員会では、さらにこの決定案の検討を続けることになった。
posted by Kose at 12:44| STAP

2016年09月27日

次のアメリカ大統領戦テレビ討論会は、セントルイス・ワシントン大学

その小保方ネイチャー論文を引用し、がん細胞によるOCT4発現実験に成功したそのWashington University in St. Luisで、トランプとクリントンのテレビ討論会が行われるのだそうだ。どう?多少は現実感増したでしょう?

2016 Presidential Debate
https://debate.wustl.edu/
As the eyes of the world turn to the 2016 U.S. presidential election, Washington University in St. Louis will play a prominent role in the national political conversation when it hosts a presidential debate on Sunday, Oct. 9, 2016.
posted by Kose at 16:50| STAP

小保方擁護派の哲学者山崎行太郎氏が片瀬久美子の実名を明かした記事があると思いきや、両者の間で名誉毀損の和解があったとかもうわからんどす

片瀬久美子夫妻とは何か?
http://ameblo.jp/junzom/entry-11910171557.html
というブログに色々書いてありますが、真偽の程はわかりません。というのもFacebookで最近、山崎氏が
私はSTAP細胞問題(小保方問題)を1年以上にわたって追求して来ましたが、その過程で、投稿記事をめぐって、片瀬氏との間で名誉毀損問題が発生していました。28/9/21の時点で、和解が成立し、「合意書」を手交しましたので、以下に謝罪文を掲載します。ここには詳しくは書けませんが、諸事情を御配慮のうえ、よろしくお願いします。尚、これを機会に、旧ブログ「山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』」(http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/)を閉鎖し、新機能が盛り沢山の新ブログ「山崎行太郎の政治=哲学=文学ブログ『毒蛇山荘日記2』」(http://yamazakikoutarou.hateblo.jp)を開設しました。登録している方は、アドレスの変更をお願いします。
============= =============
「stap細胞事件」、及び「hpvワクチン問題」、「きのこ組」告訴問題など関連して、片瀬久美子氏に対して、誹謗中傷する記事を、ブログ、Twitter、Facebook、メルマガに投稿しましたが、このような投稿は、法的に違法になるものであり、ここに、深く反省し、謝罪すると同時に、今後、片瀬氏を誹謗中傷するような記事は書かないことをお約束します。また、片瀬氏に関するこれまでの私の投稿は、違法となるものであるため、私の投稿を転載し、掲載し続けている方は削除していただきますよう、お願い申しあげます。以上、よろしくお願いします。(山崎行太郎)
============= =============
という意味不明な文書を投稿したからです。9月21日だからまだ今週だよね。
そういうわけで山崎氏のブログは閉鎖となっています。他の片瀬情報も山崎情報の派生なので真偽不明です。

まあこのツイッターが主な稼業としか思えない中年ライターが何者であってもいいんだが、少なくとも本は書けないが、雑誌の切れ端になるような雑文を書く機会が多いことが次のツイートでわかった。


SPA!が出て来るがマヌケのクマムシの独断記事が掲載されたハーバービジネスはSPA!がたぶんサイゾー当たりを意識して作ったウェブニュースだと思う。このような出版社や新聞社のほぼ左遷に近い部署に腐敗分子がおり、腐敗記事をばらまく仕組みなのだが、そんなもの世間的にはブログのコメ欄と同様に実在しないも同じなので気にしないで、いじる程度にしていただきたい。そうでないと山崎氏の様な憂き目にあるわけである。
posted by Kose at 12:11| 日記

弾き語り「アクロス・ザ・ボーダーライン」

まあ正義感に燃えて、一般人から相手にされないようなSTAP取巻き連中の仲間から外れたい。
普通の自堕落なおっさんである。

自分のボーカルでなんとかなるか試してみた。
イントロは後から適当につけ、乱れているので勘弁してほしい。
まあまあだな。
posted by Kose at 10:56| 日記

2016年09月26日

BPOブルース

posted by Kose at 19:43| My Music

FACEBOOKアカウントを完全に削除する方法(2016年9月26日)

Facebookアカウントを完全に削除する方法

1)設定→ヘルプ
2)ヘルプセンターを見る *最下段
3)アカウント管理
4)アカウントの利用制限と削除
5)アカウントの削除>自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか
6)文中の「Facebookにご連絡ください」をクリック
7)「アカウントを削除」をクリック
8)アカウントを永久に削除
・パスワード
・セキュリティチェック *画像からトラとかライオンをクリックして選択
9)OK
10)「削除する」をクリック。
11)次のようなメールが登録アドレスに届く
件名:まもなくアカウントが削除されます
アカウント完全削除のリクエストを承りました。アカウントは現在利用解除されており、14日後に完全に削除されます。
アカウントの削除に心当たりがない場合は、Facebookにログインし、リクエストをキャンセルしてください。
https://www.facebook.com/login.php
よろしくお願いいたします。
Facebookチーム

12)注意;2週間削除したメアドのアドレスにアクセスしないこと。ブラウザのフォームの記憶に注意!!!

ネットで人とつながるとろくなことがないのは、パソ通時代から知っている。なのでうざかったらとっととアカウントを削除しよう!!!
posted by Kose at 09:30| パソコン&ネット(雑)

オースティン・スミス教授のサイトが404

ここでリンクしたためアクセス過剰になって、同ページを閉鎖したかもしれない。
バカがすぐDoS攻撃するしな。バカの一つ覚えだよ。だとすればネットジャップのクソ野郎とか思われてんだろうな。
同ページのリンクを削除した。
posted by Kose at 07:07| 日記