2016年07月17日

【憲法】背中が痛いのでツイッター文から・・・

基本的人権は、キリスト教由来の自然権から派生するため、非西欧国で法哲学的に難しいが、日本国憲法が戦後の国連憲章等に合致するか先行するため(社会主義国を除く)事後的に正当性が強化されたのである。これを放棄する自民党は、国連脱退をまたやる以外道はない。9条は関係ない。


憲法学者が一国憲法主義であるため、憲法の哲学問題を検討する努力を戦後70年年放棄してきたから、安保法制反対なんかバカバカしい。

憲法の根幹は9条ではなく、非西欧国で最も民主的であるとされた憲法全体の評価である。
旧憲法ないし自民党草案は歴史という実在もどきを理念化する「歴主義である」。だが、自然権の立論は、歴史(国とか国王とか)から断絶して、モデルとしての人格に「自然に」権利があり、それにもとづいて社会契約が行われるという筋書きである。後者の議論は西欧でも主に実定法の立場から大いに批判されている。

さて、明治期、国家主権をもっていたのは列強だけである。なので明治憲法は、その内容(プロイセン憲法のパクリ)ではなく、文明国として憲法をもつことを示して、たの植民地化可能な未開国とは日本は違うのだという国際法上の地位を承認させたことには意義がある。その後のドタバタと大量の死人についてはさておく。

さて、日本国憲法制定当時、いまだ国際社会は欧米中心の植民地主義の末期であった。

なので日本国憲法は植民地主義の産物かというというと、そうではない(押し付け憲法論を否定する)。

日本国憲法は、アメリカの占領政策とアメリカの超楽観的な民主主義の合体したものだと思う。
右かなところでは教育委員会は、行政、議会から独立した教育の民主化の機関とというのがアメリカにおける実情である。現行憲法等はこれをそのまま輸入したため、全く機能しない行政の補助機関になり下がっている。まあ同じ目的理念もハビタスによって機能しない典型であろう。

長いので端折ると、日本国憲法には欠陥はあるが、ほとんどが、戦後の国連憲章によってその正当性が強化されこそすれ、自然法や歴主義的解釈が必要だとは思われないのである。大雑把に言って国際法の一部だ。

ここで安倍自民党政権は、自由と民主主義の価値を否定して、国際社会から離脱する気があるのかである。まあ離脱したら軍隊は必要だとは思うが、それは実在の自衛隊とは何の関係もない絵空事である。

まるでイスラム国も真っ青な、独善である。
なんか年表上の歴史的事実を見つけて、それが法源だという。
この場合旧憲法とGHQの介入が「年表的歴史」である。だがそれ法的に何の価値もない。

戦前の腐れ耄碌軍部人脈が自民党から一掃されていることを証明されない限り、9条の改訂は、理念的に法的正しくても認めがたい。

9条は変えるべきだと思うが、その障害は自民党自身である。

哲学的論点を厳してく指定しておくと、理念と実在の関連を法経つ学者真面目に考えろと言うことである。
その折衷案として、国連憲章等は、一部の理念的自然法を国際社会の合意として実定化したと評価すべきだえる。その時代日本は安保闘争とか言ってまるでアホだったのである。

もちろん植民地時代、冷戦時代、ポスト冷戦時代で、解釈にずれが出るとは思うが、ポスト冷戦期に植民地時代の憲法を復古させるなんて、ガラパゴス現象である。

自民党草案を批判するリベラル勢力も、自然権と実定法の矛盾についてもう少し深い見解をもってほしい。
文面上の批判は子供の喧嘩である。

おれは社会学はやっているけど、法学も法哲学も知らん。特に法哲学ないし実践倫理学はくずだと思う。
posted by Kose at 22:03| 評論

産経新聞続報、猪瀬元都知事の都議会のドン内田茂批判をインタビュー

そういうわけで、舛添を引きづり下ろすキャンペーンを始めたのは産経新聞だから、ちゃんと責任をとっていただきたい。

産経記事中のA氏は内田茂・自民党東京都連幹事長。記事中のA氏には[内田茂]と付した。
ニューズピックスの記事は次:

誰が東京を殺すのか、猪瀬直樹が語る「東京のガン」
https://newspicks.com/news/1663515/body/

【都議会の闇】
猪瀬直樹元都知事が衝撃告白「都議の自殺は都議会のドンに追い詰められたためだ」

産経新聞 2016.7.17 07:00
http://www.sankei.com/premium/news/160717/prm1607170029-n1.html

 東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)の告示前日、ニュース共有サービス「NEWS PICKS」(ニューズピックス)に「都議会のドン」に関する衝撃のインタビューが掲載された。元都知事の猪瀬直樹氏(69)が「東京都議の自殺は都議会のドンに追い詰められたためだ」と告白したのだ。猪瀬氏は産経新聞のインタビューに応じ、石原、猪瀬都知事時代の都議会のドンの専横について赤裸々に語った。

 −−ニューズピックスの記事、反響がすごいですね

 「そうそう。見てよ。僕のツイッターのリツイートなんか1万を超えてるんだよ。こんなこと、東日本大震災の夜、都営地下鉄が何時に走るか、と拡散したとき以上の反響だよね」

 −−猪瀬都政時代に経験した「理不尽」とはどんなものでしょうか

 「直接に経験したのは、副知事になった直後の平成19年秋、参議院の議員宿舎建設を中止したことだね。あのとき、森をつぶして建設するというので、石原さん(慎太郎元知事)を説得して中止させたんですよ。このときに怒ったのが、都議のA氏[内田茂]です。石原さんですら、彼には頭を下げていた」

 −−具体的にはどんなことがあったのですか

 「選挙の際、僕のポスター約2万枚が送り返されてきた。最終的には連合が貼ってくれたんだけどね」

 −−(猪瀬都政は)根回しがない、独断専行だというような批判が都議会にはあったようですが

 「いくら僕に行政経験がないからといって、根回しが必要なことくらい分かっていますよ。僕は重要な議案があるときは、A氏[内田茂]に電話していた。でも出ないんだ。自宅にかけると奥さんが出て『まだ帰っていません』の繰り返し。それで結局、議案提出日が来てしまう。すると『俺の所になぜ話が来ない』となる。後である議員から聞きましたが、A氏[内田茂]は『猪瀬の電話にはわざと出ないんだ』と言っていたそうです。A氏[内田茂]には腹心の都議がいて、僕は彼を話のわかる奴だと思ってそれなりに親しくしていたつもりだった。ところが、A氏[内田茂]が出なくなったのとほぼ同時に、腹心の都議も私からの電話には一切出なくなった」

 −−都議を自殺に追い込んだという話も出ていましたね

 「樺山卓司(かばやま・たかし)さんという都議が、A氏[内田茂]に反旗を翻そうとしたことがあったんです。彼は台湾総督の樺山資紀のひ孫なんです。それで副知事時代、羽田空港国際化の第1便で台北に一緒に行ったことがあります」

 「実は先日、樺山さんの娘さんから『父は憤死した』と連絡をもらって、遺書を見せてもらったんです」

 《産経新聞は平成23年7月2日付朝刊で、樺山氏が1日未明に死亡したとの記事を掲載し、「警視庁は、自殺の可能性が高いとみて調べている」と報じている》

 −−それが猪瀬さんがツイッターで公開したものですね

 《猪瀬氏が公開した「遺書」には次のようなことが書かれていた》

 『これは全マスコミに発表して下さい!!武士のなかせ(原文ママ)!!。A[内田茂]を許さない!!人間性のかけらもないA[内田茂]。来世では必ず報服(原文ママ)します!御覚悟!!自民党の皆さん、旧い自民党を破壊して下さい』(※Aは遺書では実名)

 「うん。自民党都議団の集まりで樺山さんが皆がいるところで罵倒された。彼は当選5期で議長になる順番が来ているのになれなかった。小学校や中学校のいじめのようなことを延々とされた。自殺当夜は、仲の良い『反A【内田茂】』の仲間5人で飲んでいたそうなんですが、午後11時半ごろに自宅に帰って、午前3時ごろにビニール袋を頭からかぶって自殺しているのを奥様が見つけました。遺書が発見されたのは1年後でした」

 −−ところでA氏[内田茂]は選挙にも強いのですか

 「これが選挙には弱いんだよね。地元でマンションに住む新興住民が増えたので、古くからの地盤だけでは当選できなくなったので」

 −−東京オリンピックにも問題があるとお考えですね

 「招致のころまではうまくいっていたんですよ。ところがいざ招致に成功して招致委員会を解散して組織委員会を立ち上げたころからおかしくなった。森喜朗さんが組織委員会の会長をしていますが、それにも当時、私は反対してにらまれた。平成25年11月号の文藝春秋に森さんの寄稿文が掲載され、そこで私への批判がつづられていました。結局、私が12月に都知事を辞任すると、森さんが会長になってしまった」

 「今は要職は皆、森さんの取り巻きが占めています。森さんに近い河野一郎さんは日本スポーツ振興センターの理事長を務めていましたが、新国立競技場問題の責任を取って理事長職を退きました。ところが今も組織委員会の副会長には残っているんですよ」

 −−今回の都知事選についてはどう思いますか?

 「僕は現在、(公職選挙法違反罪で)公民権停止中だからね。あんまり突っ込んだことは言えないんだよ。でも、この都議の問題はまだまだ言っていきますよ」

posted by Kose at 12:54| 評論