2016年07月31日

東京は小一時間雨降ったが今はいい天気

sIMG_1811.JPG

文春・新潮の鳥越ゴシップ報道は、告訴を織り込み済みの確信犯だったようだ。

2006年ソフトバンク傘下のオーマイ・ニュース(韓国発のネットニュースの日本版、2008年廃刊)の編集長を鳥越が務めた際、鳥越辞任報道をしたJAN JAN(ネットニュース2006〜2013)の一市民記者を告訴すると言って、辞任に追い込んだという記事が目に止まった。

オーマイ・ニュースで検索すればすぐわかるので詳細省く。

鳥越がこういう対応をすることは、文春・新潮には自明だったのだ。
週刊朝日も女性関係のゴシップがあることが知られているとは書いていたので、ジャーナリストの業界では有名なネタだったと思われる。

なんだか、それで鳥越から女性票が完全に離れ、宇都宮氏もそれを理由に応援を固辞し、ついには岡田民進党党首からも選挙戦終了2時間前に党首選不出馬発表されるなど、周囲から完全に見放されたかたちだということがわかった。

人望がゼロなのだ。

鳥越が反原発の発言に終盤終始するようになったのは、お友達が山本太郎しかいなくなったからだろう。よもやの泡沫候補化である。

posted by Kose at 16:23| 日記

2016年07月29日

寝苦しいどす・・・選挙速報

いろいろ分析した結果、小池百合子は、増田なにがしにダブルスコアという計算になりました。田母神なにがし的票が小池百合子に入る予想です(これはだいたいネットで確認できる)。鳥越は、山本太郎的風が吹いても2位です。増田なにがしが組織票を固めても田母神なにがし的票に届かないんです。中道浮動票は小池と増田にばらける感じだったが、「石原厚化粧失言」で決定的に小池に流れると思います。とくにフジは断定的に舵を切ったとみられる。

一説では、宇都宮支持者が鳥越を嫌って、小池を支持という説もある。石原発言も含めると、雪崩現象で、小池氏の得票は300万票クラスになるんじゃないかという感触。

鳥越は100万票超だと思うが(反原発票はそれくらいある/それくらいしかない)、増田はどう計算しても100万票届かない。特に誰か(の層)に訴えるものが何もないからだ。ああいう何もとりえのない四角い顔のおっちゃんが好きという人が大勢いたら、もう少し増えるかもしれない。

まあだいたいこんな予想なので、もはや1票2票がものをいう状態ではない。

あとは明日、安倍首相が応援演説をするかどうかしか興味の対象はない。

おそらく増田の負けは見えているので、街頭応援には出ないまま終わるんじゃないかと思う。そうすれば、小池氏とオリンピック仲良くできるからねえ。どうなるでしょうか?


posted by Kose at 21:28| 日記

2016年07月26日

Nスぺ、BPO起草入り

7月13日に会合を開いた起草担当委員から「委員会決定」の骨子メモが提出され、それを軸に各委員が意見を述べた。その結果、担当委員が決定文の起草に入ることになり、次回委員会までに第1回起草委員会を開くことを決めた

ということで、すでに起草案の骨子(7月13日付)が7月19日に提出され、次回(8月中旬)までに「第1回起草委員会」を開く、としている。
したがって、次回には少なくとも第1回決定文が提示されることが確実になった。だがそれが勧告に至るのかは判然とはしない。遅くとも9月定例会には勧告が出るだろうが、それ以前かもしれない。
NHK首を洗って待っておけ。

放送人権委員会 議事概要 第237回
第237回 – 2016年7月

世田谷一家殺害事件特番事案の審理、STAP細胞報道事案の審理、事件報道に対する地方公務員からの申立て事案の審理…など

世田谷一家殺害事件特番事案の「委員会決定」修正案を検討し、STAP細胞報道事案を引き続き審理した。また、在熊本民放2局を対象にした事件報道に対する地方公務員からの申立て事案を審理した。

議事の詳細

日時
2016年7月19日(火)午後4時〜10時10分
場所
「放送倫理・番組向上機構 [BPO] 」第1会議室(千代田放送会館7階)
議題
1.世田谷一家殺害事件特番事案の審理
2.STAP細胞報道事案の審理
3.事件報道に対する地方公務員からの申立て(テレビ熊本)事案の審理
4.事件報道に対する地方公務員からの申立て(熊本県民テレビ)事案の審理
5.その他
出席者
坂井委員長、奥委員長代行、市川委員長代行、紙谷委員、城戸委員、
白波瀬委員、曽我部委員、中島委員、二関委員

・・・

2.「STAP細胞報道に対する申立て」事案の審理

対象となったのは、NHKが2014年7月27日に『NHKスペシャル』で放送した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」。番組では英科学誌「ネイチャー」に掲載された小保方晴子氏らによるSTAP細胞に関する論文を検証した。
この放送に対し小保方氏は人権侵害等を訴える申立書を委員会に提出、その中で「何らの客観的証拠もないままに、申立人が理研(理化学研究所)内の若山(照彦)研究室にあったES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」などとして、NHKに公式謝罪や検証作業の公表、再発防止体制づくりを求めた。
これに対しNHKは答弁書で、「今回の番組は、世界的な関心を集めていた『STAP細胞はあるのか』という疑問に対し、2000ページ近くにおよぶ資料や100人を超える研究者、関係者の取材に基づき、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したものであって、申立人の人権を不当に侵害するようなものではない」などと主張した。
今回の委員会では、7月13日に会合を開いた起草担当委員から「委員会決定」の骨子メモが提出され、それを軸に各委員が意見を述べた。その結果、担当委員が決定文の起草に入ることになり、次回委員会までに第1回起草委員会を開くことを決めた
posted by Kose at 12:38| STAP

2016年07月25日

「ボーダーライン」エレキギターのコピーほぼ完了

まだアコギ完全には覚えてないんだけどね。
エレクトリックのスライド以外のギターをコピー。
マリアッチのリズムを2コーラス目から入れているんだけどね。

問題はギター1本でやるかどうかだ。その音色だ。
ライ・クーダーが改造ストラト使っているのは明らかなんだが、それはおいて似たような音色を検討。
アイバニーズの軽いギターをオープンGを全音あげたオープンAにチューニングして、テンションを上げて、フロントをフルボリュームにしてスライドはOK。マリアッチ・パートは、リアでボリュームを絞ってOK。マリアッチ・パートは2〜4弦しか弾かないのだ(ただし例のごとく聞こえない部分も多いので断言はできない)。アンプシミュレーターでドライブをかけてなんだかいい感じになった。
エンディングに入るところで、マリアッチ音色のまま、少しスライドが入っている。その部分は、マリアッチ・パートをコピーしていて初めて気づいた。なので概ねこのようにライ・クーダーも弾いていると思って構わないだろうと思う。

そういうわけでエレキギターは完全にマスターした。あとはアコギを左右二回弾いて間違わないほど覚えないといけない。

どうやら今日魂詰めてやっても背中はほぼ痛まなかったので、そのうち何とかなるだろうと思う。
posted by Kose at 20:39| My Music

2016年07月22日

ポケモンGOをダウンロードしてみたんだけど

最初のゼニガメはゲットしたんだけどね、都知事選同様に、まったくローカルな近所にポケモンがいる気配がない。雨だし・・・

ゲームは全然やらんので何が面白いのかよくわからん。

posted by Kose at 11:23| 日記

2016年07月19日

たぶん背中痛治った気がする

蒸し暑かったな。

今日はかなりギターが弾けた。新しく買ったモーリスのギターで「アクロス・ザ・ボーダーライン」弾きまくった。

ライ・クーダーのフィンガーピッキングが特殊なこともわかった。
はっきりわからないが、人差し指と中指を立てて、その爪の先で弾くのだと思われる。そうでないとああいう高音は出ないのだ。
動画とか見たが爪ピックは使用していない。親指はカントリーブルースのベース音を弾くのと基本的に同じ役割だと思う。
そういうわけで、これまで普通に指弾きしていたのを、爪弾きに変える努力を午後ずっとやっていた。ずっとやっていたら腰は痛くなったが、背中は全く痛まないことに気づいた。

ライ・クーダーのスライドの何とも言えないショボイ音は、このピッキングのためだと今のところ思っている。エレキの場合、エフェクター使えば何とでもなるだろうに。コンプレッサーは使っているかもしれないが、ひずみ系は使っていない。「ゲット・リズム」ではドライブをかけているけれど、1987年になってだよ。

若い人にはわかりにくいと思うが、アナログ盤からCDへの以降がだいたい1986年頃だと記憶している。一時レコードがない時代があって、カセットテープで、スティングの「ブルータートルの夢」(1985)とか買ったのを覚えている。スティングは「ナッシング・ライク・ザ・サン」(1987)で初めてデジタル録音をやって苦労したと言ったのを読んだ記憶がある。実際当時のCDをもっている。たぶんそのころ「ゲット・リズム」のCDも買ったと思うがその後売ったんじゃないか?

このころは、たとえばクラプトンが似合わないアルマーニのスーツとか着ちゃうくらい白人のロックは腐りきっていたと思う。クラプトンはしたがって、アンプラグドまで買わなかった。何の興味もない。もちろんスティングもマーク・ノップラーも似合わないアルマーニ着ていたと思う。
96492243.jpg

ヘビメタとかその他は知らん。白人のモンキービジネスである。

まあ、ライ・クーダーの場合

「紫の渓谷」収録曲の演奏はやろうと思えばコピーできそうな気がする。マンドリンがメインの曲もあるしね。当分それで暇をつぶすことができるんじゃないか?

明日背中が痛まないことを望みたい。

posted by Kose at 21:34| 日記

2016年07月18日

世界遺産 2013年9月18日の写真

何度も行っているが・・・

国立西洋美術館
IMG_0981.JPG




とにかく背中がまだ痛い〜
2016-07-18 09:27:49
posted by Kose at 09:27| 日記

2016年07月17日

【憲法】背中が痛いのでツイッター文から・・・

基本的人権は、キリスト教由来の自然権から派生するため、非西欧国で法哲学的に難しいが、日本国憲法が戦後の国連憲章等に合致するか先行するため(社会主義国を除く)事後的に正当性が強化されたのである。これを放棄する自民党は、国連脱退をまたやる以外道はない。9条は関係ない。


憲法学者が一国憲法主義であるため、憲法の哲学問題を検討する努力を戦後70年年放棄してきたから、安保法制反対なんかバカバカしい。

憲法の根幹は9条ではなく、非西欧国で最も民主的であるとされた憲法全体の評価である。
旧憲法ないし自民党草案は歴史という実在もどきを理念化する「歴主義である」。だが、自然権の立論は、歴史(国とか国王とか)から断絶して、モデルとしての人格に「自然に」権利があり、それにもとづいて社会契約が行われるという筋書きである。後者の議論は西欧でも主に実定法の立場から大いに批判されている。

さて、明治期、国家主権をもっていたのは列強だけである。なので明治憲法は、その内容(プロイセン憲法のパクリ)ではなく、文明国として憲法をもつことを示して、たの植民地化可能な未開国とは日本は違うのだという国際法上の地位を承認させたことには意義がある。その後のドタバタと大量の死人についてはさておく。

さて、日本国憲法制定当時、いまだ国際社会は欧米中心の植民地主義の末期であった。

なので日本国憲法は植民地主義の産物かというというと、そうではない(押し付け憲法論を否定する)。

日本国憲法は、アメリカの占領政策とアメリカの超楽観的な民主主義の合体したものだと思う。
右かなところでは教育委員会は、行政、議会から独立した教育の民主化の機関とというのがアメリカにおける実情である。現行憲法等はこれをそのまま輸入したため、全く機能しない行政の補助機関になり下がっている。まあ同じ目的理念もハビタスによって機能しない典型であろう。

長いので端折ると、日本国憲法には欠陥はあるが、ほとんどが、戦後の国連憲章によってその正当性が強化されこそすれ、自然法や歴主義的解釈が必要だとは思われないのである。大雑把に言って国際法の一部だ。

ここで安倍自民党政権は、自由と民主主義の価値を否定して、国際社会から離脱する気があるのかである。まあ離脱したら軍隊は必要だとは思うが、それは実在の自衛隊とは何の関係もない絵空事である。

まるでイスラム国も真っ青な、独善である。
なんか年表上の歴史的事実を見つけて、それが法源だという。
この場合旧憲法とGHQの介入が「年表的歴史」である。だがそれ法的に何の価値もない。

戦前の腐れ耄碌軍部人脈が自民党から一掃されていることを証明されない限り、9条の改訂は、理念的に法的正しくても認めがたい。

9条は変えるべきだと思うが、その障害は自民党自身である。

哲学的論点を厳してく指定しておくと、理念と実在の関連を法経つ学者真面目に考えろと言うことである。
その折衷案として、国連憲章等は、一部の理念的自然法を国際社会の合意として実定化したと評価すべきだえる。その時代日本は安保闘争とか言ってまるでアホだったのである。

もちろん植民地時代、冷戦時代、ポスト冷戦時代で、解釈にずれが出るとは思うが、ポスト冷戦期に植民地時代の憲法を復古させるなんて、ガラパゴス現象である。

自民党草案を批判するリベラル勢力も、自然権と実定法の矛盾についてもう少し深い見解をもってほしい。
文面上の批判は子供の喧嘩である。

おれは社会学はやっているけど、法学も法哲学も知らん。特に法哲学ないし実践倫理学はくずだと思う。
posted by Kose at 22:03| 評論

産経新聞続報、猪瀬元都知事の都議会のドン内田茂批判をインタビュー

そういうわけで、舛添を引きづり下ろすキャンペーンを始めたのは産経新聞だから、ちゃんと責任をとっていただきたい。

産経記事中のA氏は内田茂・自民党東京都連幹事長。記事中のA氏には[内田茂]と付した。
ニューズピックスの記事は次:

誰が東京を殺すのか、猪瀬直樹が語る「東京のガン」
https://newspicks.com/news/1663515/body/

【都議会の闇】
猪瀬直樹元都知事が衝撃告白「都議の自殺は都議会のドンに追い詰められたためだ」

産経新聞 2016.7.17 07:00
http://www.sankei.com/premium/news/160717/prm1607170029-n1.html

 東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)の告示前日、ニュース共有サービス「NEWS PICKS」(ニューズピックス)に「都議会のドン」に関する衝撃のインタビューが掲載された。元都知事の猪瀬直樹氏(69)が「東京都議の自殺は都議会のドンに追い詰められたためだ」と告白したのだ。猪瀬氏は産経新聞のインタビューに応じ、石原、猪瀬都知事時代の都議会のドンの専横について赤裸々に語った。

 −−ニューズピックスの記事、反響がすごいですね

 「そうそう。見てよ。僕のツイッターのリツイートなんか1万を超えてるんだよ。こんなこと、東日本大震災の夜、都営地下鉄が何時に走るか、と拡散したとき以上の反響だよね」

 −−猪瀬都政時代に経験した「理不尽」とはどんなものでしょうか

 「直接に経験したのは、副知事になった直後の平成19年秋、参議院の議員宿舎建設を中止したことだね。あのとき、森をつぶして建設するというので、石原さん(慎太郎元知事)を説得して中止させたんですよ。このときに怒ったのが、都議のA氏[内田茂]です。石原さんですら、彼には頭を下げていた」

 −−具体的にはどんなことがあったのですか

 「選挙の際、僕のポスター約2万枚が送り返されてきた。最終的には連合が貼ってくれたんだけどね」

 −−(猪瀬都政は)根回しがない、独断専行だというような批判が都議会にはあったようですが

 「いくら僕に行政経験がないからといって、根回しが必要なことくらい分かっていますよ。僕は重要な議案があるときは、A氏[内田茂]に電話していた。でも出ないんだ。自宅にかけると奥さんが出て『まだ帰っていません』の繰り返し。それで結局、議案提出日が来てしまう。すると『俺の所になぜ話が来ない』となる。後である議員から聞きましたが、A氏[内田茂]は『猪瀬の電話にはわざと出ないんだ』と言っていたそうです。A氏[内田茂]には腹心の都議がいて、僕は彼を話のわかる奴だと思ってそれなりに親しくしていたつもりだった。ところが、A氏[内田茂]が出なくなったのとほぼ同時に、腹心の都議も私からの電話には一切出なくなった」

 −−都議を自殺に追い込んだという話も出ていましたね

 「樺山卓司(かばやま・たかし)さんという都議が、A氏[内田茂]に反旗を翻そうとしたことがあったんです。彼は台湾総督の樺山資紀のひ孫なんです。それで副知事時代、羽田空港国際化の第1便で台北に一緒に行ったことがあります」

 「実は先日、樺山さんの娘さんから『父は憤死した』と連絡をもらって、遺書を見せてもらったんです」

 《産経新聞は平成23年7月2日付朝刊で、樺山氏が1日未明に死亡したとの記事を掲載し、「警視庁は、自殺の可能性が高いとみて調べている」と報じている》

 −−それが猪瀬さんがツイッターで公開したものですね

 《猪瀬氏が公開した「遺書」には次のようなことが書かれていた》

 『これは全マスコミに発表して下さい!!武士のなかせ(原文ママ)!!。A[内田茂]を許さない!!人間性のかけらもないA[内田茂]。来世では必ず報服(原文ママ)します!御覚悟!!自民党の皆さん、旧い自民党を破壊して下さい』(※Aは遺書では実名)

 「うん。自民党都議団の集まりで樺山さんが皆がいるところで罵倒された。彼は当選5期で議長になる順番が来ているのになれなかった。小学校や中学校のいじめのようなことを延々とされた。自殺当夜は、仲の良い『反A【内田茂】』の仲間5人で飲んでいたそうなんですが、午後11時半ごろに自宅に帰って、午前3時ごろにビニール袋を頭からかぶって自殺しているのを奥様が見つけました。遺書が発見されたのは1年後でした」

 −−ところでA氏[内田茂]は選挙にも強いのですか

 「これが選挙には弱いんだよね。地元でマンションに住む新興住民が増えたので、古くからの地盤だけでは当選できなくなったので」

 −−東京オリンピックにも問題があるとお考えですね

 「招致のころまではうまくいっていたんですよ。ところがいざ招致に成功して招致委員会を解散して組織委員会を立ち上げたころからおかしくなった。森喜朗さんが組織委員会の会長をしていますが、それにも当時、私は反対してにらまれた。平成25年11月号の文藝春秋に森さんの寄稿文が掲載され、そこで私への批判がつづられていました。結局、私が12月に都知事を辞任すると、森さんが会長になってしまった」

 「今は要職は皆、森さんの取り巻きが占めています。森さんに近い河野一郎さんは日本スポーツ振興センターの理事長を務めていましたが、新国立競技場問題の責任を取って理事長職を退きました。ところが今も組織委員会の副会長には残っているんですよ」

 −−今回の都知事選についてはどう思いますか?

 「僕は現在、(公職選挙法違反罪で)公民権停止中だからね。あんまり突っ込んだことは言えないんだよ。でも、この都議の問題はまだまだ言っていきますよ」

posted by Kose at 12:54| 評論

2016年07月16日

購入物品、一応処理終了だが、背中痛いまま

1)購入したマイクスタンドに、シュアのダイナミックマイク装着、録音テスト
 あんまりちゃんとテストしてないが、雑音の多い環境でも、ギターだけ録音できることを確認。
 コンデンサーマイクだと一般家庭ではなんでも拾っちゃって死にそうである。

2)マンドリンの弦を取り換え
 背中が痛いので、これはしんどかった。8本だからね。今度はダダリオにしてみた。ダダリオのギター弦は音程の違う弦が2本1袋に入っているというだけで嫌だったのだが、マンドリンの場合は同じ音程が2本1袋なので紛らわしくない。アマゾンではダダリオ以外は取り寄せで時間がかかる。

3)MIDIキーボード用のダンパーペダル(KORG)をつけて、DAWソフトで使用可能かテスト。OKだった。

なにしろ背中が痛いので、休み休みである。今日はこれでおしまい。寝転んで痛みをこらえてでもいるほかない。

やれやれ



posted by Kose at 14:37| 日記