2016年06月30日

十条お冨士さん 2016/6/30

はい、行ってきました。お冨士さんでした。明日もあるみたいです。近隣の方はどうぞ。



sIMG_1802.JPG

sIMG_1789.JPG

sIMG_1792.JPG

sIMG_1801.JPG

sIMG_1795.JPG

sIMG_1796.JPG

sIMG_1797.JPG

posted by Kose at 14:46| 日記

今日は十条のお富士さんのはずだが

先一昨日から、背筋の痛めて、ほとんど寝たきりだったが、なんとか今日は動けるようになった。

6月30日は、7月1日の富士山の山開きの前日で、全国にある富士講でお富士さんが行われると思うんだが。

ちょっと午後、体馴らしのため、行ってきてみるかもしれない。雨なら止めておく。

上の事情で、キーボードを叩くのもつらかったどころか、テレビを見るため首をひねってもつらかった。

posted by Kose at 11:49| 日記

放送人権委員会BPO 議事概要 第236回 2.STAP細胞報道事案の審理

放送人権委員会 議事概要 第236回
第236回 – 2016年6月
http://www.bpo.gr.jp/?p=8691&meta_key=2016#h_02
世田谷一家殺害事件特番事案の審理、STAP細胞報道事案の審理、事件報道に対する地方公務員からの申立て事案の審理、審理要請案件の取下げ報告…など

世田谷一家殺害事件特番事案の「委員会決定」案を検討し、STAP細胞報道事案を引き続き審理した。また、在熊本の民放2局を対象にした事件報道に対する地方公務員からの申立てについて実質審理に入った。前回委員会で審理要請案件として検討した生活保護ビジネス企画に対する申立てについて、取下げ書が提出されたため事務局から報告した。

議事の詳細

日時
2016年6月21日(火)午後4時〜8時35分
場所
「放送倫理・番組向上機構 [BPO] 」第1会議室(千代田放送会館7階)
議題
1.世田谷一家殺害事件特番事案の審理
2.STAP細胞報道事案の審理
3.事件報道に対する地方公務員からの申立て(テレビ熊本)事案の審理
4.事件報道に対する地方公務員からの申立て(熊本県民テレビ)事案の審理
5.審理要請案件:生活保護ビジネス企画に対する申立て
6.その他
出席者
坂井委員長、奥委員長代行、市川委員長代行、紙谷委員、城戸委員、
白波瀬委員、曽我部委員、中島委員、二関委員

・・・

2.「STAP細胞報道に対する申立て」事案の審理

対象となったのは、NHKが2014年7月27日に『NHKスペシャル』で放送した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」。番組では英科学誌「ネイチャー」に掲載された小保方晴子氏らによるSTAP細胞に関する論文を検証した。
この放送に対し小保方氏は人権侵害等を訴える申立書を委員会に提出、その中で「何らの客観的証拠もないままに、申立人が理研(理化学研究所)内の若山(照彦)研究室にあったES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」などとして、NHKに公式謝罪や検証作業の公表、再発防止体制づくりを求めた。
これに対しNHKは答弁書で、「今回の番組は、世界的な関心を集めていた『STAP細胞はあるのか』という疑問に対し、2000ページ近くにおよぶ資料や100人を超える研究者、関係者の取材に基づき、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したものであって、申立人の人権を不当に侵害するようなものではない」などと主張した。
前回委員会で行った被申立人のヒアリングを受けて、委員会から送った追加質問に対する回答書等がNHKから提出された。今回の委員会では、この回答書も含めた双方のヒアリングの結果を踏まえ、各委員が意見を述べた。次回委員会までに起草担当委員が集まって議論を整理し、次回委員会で引き続き審理することになった
posted by Kose at 07:25| STAP

2016年06月25日

これはすごい、フリーVSTプラグイン、マリンバ音源Marimbaphonicで「アクロス・ザ・ボーダーライン」

SONARに入っているマリンバより優秀。
解説によるとアイオワ大学でサンプリングされたもので、マレットの強さミディアム(柔らかくサスティーンが長い)とストロング(固くさすティーンが短い)で音色が変わる2レイヤーを採用しているため、メキシカンマリンバの奏法とほぼ同じ打ち込みができる。ベロシティ91でレイヤーが変わる仕組み。
ちょっとリリースとリバーブの調整がまだうまくいっていない。また検討するが、たぶんこれで決まりなんじゃないだろうか?

ホームページ
http://www.alanvista.com/marimbaphonic/
ダウンロードページ
http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=Marimbaphonic&id=2013
(DAWソフトのVSTpluginsみたいなフォルダーに展開したフォルダーをコピーするだけ)




Marimbaphonic is a sampled marimba.
Marimbaphonic_2.jpg
It contains 122 samples from the University of Iowa Electronic Music Studios public domain library. Samples are organized in two layers for more expressivity and are gently spread in stereo through the keyboard.
122 mono 24 bit samples.
2 velocity layers.
Release time control.
Amplitude dynamic range control.
Main volume.
Basic reverb.

プロモ動画
posted by Kose at 15:25| My Music

2016年06月24日

Native Instrumentsのフリー版再度インストール

こわれちゃったWin PCに入れていたNative InstrumentsのKOMPLETE 8 Playerをダウンロードして今のPCにインストールしなおした。前のアカウントが生きていて、アクティベートは簡単に終わった。IK Multimediaはローランドが手放しちゃったためアカウントが不明になってしまいインストールできなかったから、嬉しい。
だからそんなに音色たくさん使うのかというと、使う能力がない。まあ暇なとき試してみる。今は、もっぱらアナログ録音がマイブームだからな。
KOMPLETE PLAYERS FREE DOWNLOAD
Freeware bundle including three Players: KONTAKT 5 PLAYER + FACTORY SELECTION, REAKTOR 5 PLAYER + FACTORY SELECTION, GUITAR RIG 5 PLAYER + FACTORY SELECTION.
Version 1.0.0
Mac OS: 2.6 GB
Windows: 2.6 GB
System requirements
Please note: This product requires activation with the included serial number.
http://www.native-instruments.com/jp/specials/free-vst-instruments-and-effects/

また忘れちゃったときのためのメモである。よろしければどうぞ。
posted by Kose at 20:04| My Music

2016年06月23日

99.9%モーリスM−401

ヤマハはやはりヤダ。

ピアニカ(メロディカ:ホーナー、メロディオン:鈴木楽器?)をさがしてヤマハがここでもでかい面して、音楽教室商法でどこにでも手を出すんだなと思った。海外ではほーなーのメロディカを使うらしい。例としては、ザ・フーターズのロブ・ハイマン。ホーナーノはヒトケタ違うんだが。

素材はYANAHAFG830とM-401に大差はない。ブレーシング(表版を支える骨組み)が違うかもしれない。
YAMAHAはさらに中途半端な上位機種を万単位で出しているが、Morrisはしていない。7月にFG830並みの限定180本のモデルを出すらしいが。

海外(アジア)生産で、表スプール単板、側裏ローズウッドという以上の材質を使う意味が分からないので、このクラスのでいいのだ。(高級ローズウッドをハカランダと呼ぶ)

あとは10万円台の国内生産にいきなり飛ぶ。まあ労賃が違うからね。おれはアコギ素人だから10万円はない。フィンガーピッキングもろくにできない。練習用兼標準的日本製ギターというものはどういうものかの調査兼一部レコーディング用である。

レコーディングに関してはギターでケチってシュアの楽器用ダイナミックマイクを買うという手も出てきた。コンデンサーマイク志向性が弱いので、アコギの録音はつらいかもしれないからだ。

今日はマンドリン猛練習していたら、1弦が切れた。可及的速やかに購入したいので、それに合わせてギターを買う流れに傾きつつある。

FG830やM401にいいも悪いもないでしょう。普通であればいい。黒沢楽器が出荷時検品をしているので、おそらくクロサワ通販じゃないか?M401だ。

YAMAHAは高中正義モデル以外もっていない(たまたま店頭でゴミのように安かったのだ。いろいろいじってあったが本体に問題はない)。

エピフォーンについては情報がない。いろいろ形的でに持っているとカッコいいのは多数ある。安いし。
とくにニューヨーカータイプというのが気になるね。ドブロも。ハミングバードも。しかしあくまでも日本の普通のギターがどんなものか知らないことにはそういう外道には走れない。あんまり無駄なギターが部屋に増えるのもよくないしね。

後はその日の気分による。できたら店舗に行きたいが、母の具合から見てなかなか難しい。

今日はマンドリンの弦が切れた。M401と一緒に買うつもりだ。
マンドリンのピックについても調べてフェンダー358というのが良いそうだ。専用のべっ甲ピックというのもあるけどね。レインドロップス型のミディアムである。通常は351ミディアム。

メロディカは、アコーディオンの代わりで、ザ・バンドの「ロッキンチェア」や「傑作を書くとき」のコピー用に検討中。ここまでくるとベースもアコースティックにすべきなのか悩むが、単に図体がデカいので邪魔として、シーケンサーにMIDIキーボードつけて代用にする方がベターだと思った。

まだ様子を見る。

posted by Kose at 23:19| My Music

2016年06月21日

カトパンのいないめざましテレビが単なるプロモ番組でしかないのでNHKにシフト



現在のNHKの女性キャスターは和久田由美子さん。


今の横幅が広いフジのMC


めざましテレビは、猫ブームに対応できないまま、相変わらずきょうのワンコ。ワンコのタモリ化。

まあ、「国民的」朝ドラは見ないけど。

久しぶりに超くだらない話題でした。
posted by Kose at 08:06| 日記

2016年06月20日

FB三木秀夫弁護士によるSTAP HOPE PAGEのOCT4発現画像についての説明

これらの画像についての三木弁護士の見解、とくに理研の曖昧な説明について
picture2.jpg

STAPimageboader.png

仮に(科学はほぼつねに仮にである)STAP HOPE PAGEの画像が真正なオリジナル画像の機械的写像であり、それと全く同じの人工画像が存在しても、オリジナルを否定しない。たとえばルイビトンのオリジナルのバッグと中国や韓国の極めて精巧なコピー商品は、人工画像論者は、コピー商品はオリジナルと同じだから、ルイビトンのバッグは存在しないと言っているようなものである。全く話にならない。デリダとかボードリヤールのガラクタ思想にでもかぶれているのだったら、人生を無駄にしたことに同情してやらないでもない。この場合論者らは、「テキストの外部はない」のパロディで「画像の外部はない」と信じているとしか思えない。
科学コミュニティ理論も同じ事でヘーゲルの絶対精神と何が違うのか理解に苦しむ。
「画像の外部はない」論者は、実験を一度もしたことがない科学哲学者みたいなもんだろう。
三木弁護士の説明は、画像の由来(時期)とそれがなぜ理研にリストされていないのかについての全体的説明である。
ぼくは実験終了後に、STAP支持のデータはリストから抹消されたと思っていたがそうではないようだ。実際検証実験でもOCT4発現の微量ながら確認されている。丹羽氏の総括的否定論文発表後、相澤氏のぶっちゃけ論文(草稿)の投稿からもこのあたりの政治的駆け引きを想像していた。
そうではなく、実験初期のデータだということである。何の問題もない。Naõ tem problema!(ノープロブレムのポルトガル語)
該当グループはFBの「STAP細胞を語る会」の主要なメンバー全員である。おれはすぐに全員アク禁にしたため情報がないのだ。皆さんで調べてぼかすかにしてやってちょうだい。

追加:
かなり譲歩して考えても、例えば自家蛍光の真正の画像の写像とSTAP細胞のOCT4発現の発光の写像と言われるものを比較して、言えることは、STAP細胞がないということではなくて、自家蛍光とSTAP細胞発現の発光の性質が違うというところまでだ。「OCT4の発光の真正な写像はかくあるべし」という基準があるのかどうか知らない。素人だから。


FACEBOOK(2016年6月20日20時ころ)
https://www.facebook.com/hideo.miki/posts/1061258997287464
三木 秀夫
 小保方氏のHP「STAP HOPE PAGE」に掲載の写真等のデータについて、いつ、どこで撮影されたのかにつき問い合わせがあります。それについては、特にコメントする予定ではありませんでしたが、執拗に否定的意見を述べようとする人物がおられるようなので、お答えしておきたいと思います。また、外部からの理研への問い合わせについて、理研がどのような回答をされているかについても変に誤解をされる方がおられるようですので、調べてみました。
 小保方氏によりますと、STAP HOPE PAGE上に掲載されたデータ(以下、「本件HPデータ」)につきましては、理研CDBのSTAP検証実験の間に撮られたもので、8月の初旬に検証実験チームで共有されていたものであります。
 この点に関して、理研が外部からの問い合せがあればどのように返答しているかについて、弁護団より理研に問い合わせをいたしました。理研によると、本件HPデータ2件の存在についての情報公開請求がきた場合には、「2件とも理研としては『該当する文書が存在しないため、不開示。』、加えて『当研究所に残っている記録の中には、当該写真に該当すると言える画像はありませんでした。』とも付記しています。」と回答している、という返答でした。
 理研に必ず存在しているデータにも関わらず、理研が公式には上記のように回答している理由については、「理研が公式に公表・保管するデータは検証実験後半からのもので、それ以前のものは理研として正式に管轄していないために、上記のような回答にならざるを得ない」とのことで、これが一部の方の誤解を生む結果を招いているものです。
 一部新聞でも当時報道されましたが、小保方氏は2014年5月中には検証実験チームの技術指導などに参加していましたが、前述したとおり、本件HPデータは、理研が公式に公表・保管を始めた日(以下「公式記録保管開始日」とする)より以前にとられたものです。
以上のような情報は、公式記録保管開始日がいつの日なのかも含めて公表されていないことから、理研への情報公開請求のみの情報では、誤解をされる方が出てしまいます。いずれにせよ、理研の上記回答をもって、本件HPデータが理研にないデータというわけではありません。
 公式記録保管開始日までの間に小保方氏の身に起きたこと(NHKからの暴力的取材での負傷、笹井先生の自死、それを受けての強制的一時実験中止、相澤氏が述べたような「科学のやり方ではない」
異常な制約下での公式実験であったことなど)を鑑みれば、それ以降に心身共に万全の体勢で実験に望めなかったことは、想像に難くないのではないかと思います。
 そもそも、HPに掲載された本件HPデータを理研が公式に発表をしてくれていたならば、 小保方氏が個人のHP上で公表する必要がなかったことも、社会の方々にはご理解いただきたく存じます。
posted by Kose at 22:31| STAP

マンドリンで弾き語り「アイ・シャル・ビー・リリースド」

VIm、VIIm7(-5)以外のダイアトニック・コードを順番に使う曲なのでさっそく、ボーカル入りで演奏してみた。
わりとカッコいい。
パソコンのマイクなんでハムを拾っているんでめんご。
キーはDになるはず(自信がないのが初心者)

posted by Kose at 09:50| My Music

マンドリンのダイアトニックコード一般論(パターン1)

左の数字はフレットではなくIを基準にした場合の基準フレットに対する相対的位置
基本形は
メジャー

|1|5|-|
|-|-|-|
|-|-|3|

マイナー

|1|5|-|
|-|-|3|
|-|-|-|

7thやb5は4音でないと難しいが、V7とVIIm7(-5)で示した。
また別のフォームで検討したい。

I(トニック)*ルートは3弦

1 |*|1|5|-|
2 |-|-|-|-|
3 |-|-|-|3|

IIm

3 |*|1|5|-|
4 |-|-|-|3|
5 |-|-|-|-|

IIIm

5 |*|1|5|-|
6 |-|-|-|3|
7 |-|-|-|-|

IV *ルートは4弦

1 |1|5|-|-|
2 |-|-|-|-|
3 |-|-|3|-|
4 |-|-|-|1|

V7

3 |1|5|-|-|
4 |-|-|-|7|
5 |-|-|3|-|
6 |-|-|-|-|

VIm

5 |1|5|-|-|
6 |-|-|3|-|
7 |-|-|-|-|
8 |-|-|-|1|

VIIm7(-5)

6 |-|5|-|-|
7 |1|-|-|-|
8 |-|-|3|7|
9 |-|-|-|-|


posted by Kose at 09:05| My Music