2018年01月16日

ゴールドフォイル調査終了、機材大放出中

電磁気データは報告した。その後スペクトラム解析を重ねたが、有意なデータを取ることができなかった。それでかなりがっくり。楽器の音というのは、非常に複雑で倍音成分比だけからは何もわからないと痛感。よほど大領のデータを取って、何か違いを生むかについての全然別の研究が必要だ。それは理論的にシンセサイザーで倍音を複合することはできるだろうけれど、実際にはできないため、サンプリングにシフトした事情が裏付けになるだろう。

もう部屋が機材でいっぱいになったので、数日前から一斉に放出作業に取り掛かり、ギター7本、アンプ1台を放出準備作業を終えた。

結果ギターはストラト4台、テレキャス1台、アイバニーズ1台、ビンテージ1台だけになった。

ストラト4台のうち2台はピックアップをゴールドフォイルとP-90に交換するので、ストラトは2台になるが、うち1台はスライド専用にした(オープンG)。なんとちょっと高めのストラトを別途入手予定で、それが来たら、残った1台のストラトもゴールドフォイルに交換するつもり。ゴールドフォイル1台は自分用で、もう1台は放出用。結果、マシなストラト1台、安物ゴールドフォイル1台、オープンGギター1台、P−90ギター1台になる予定。アイバニーズはよくはないが、ハムバッカーギターとしてサンプル。テレキャスは中華アルニコVピックアップに交換するかもしれない。交換作業は2月いっぱいを予定。

来週からゴールドフォイルホームページを制作するつもりだが、あまりやる気が出ない。

とにかくその前に部屋を片付けたい。

この間ギターやアンプ以外に、コンプレッサー、オーバードライブ、簡易アンプシミュレーター、簡易マルチエフェクターを買った。さらに9000円で調整済み学校用アコーディオンも買った。クラシックマンドリン改造もあるしね。マイナー楽器は老後の楽しみようだ。もうこれ以上買わないけれど。エレキギターノリノリでじゃんじゃん引いているのはイメージとして情けないと感じるのでね。

ビンテージ収集で残ったのは、ハーモニーピックアップのテスコEP−9、名機らしいテスコ・ラップスチールモデルL、SUPROラップスチールだけである。ゴールドフォイル関連ギターは一切残らない。

ゴールドフォイルギターは60年代前半で、レギュラーゲージ仕様でネックが太く、いろいろ理解しがたいところがあり、実用性がないのだ。それに対してEP−9やラップスチールは完成度が高くて実用的なのだ。

改造用に桜楽器のSELDERというブランドのストラトを1000円で買ったが、これが音がいい。フェンダー・スクワイア―には及ばないが、残りの安ストラトが情けなくなるほど音がいい。なんでも楽天で一番売れているエントリーギターという話だが。制作年代によって下請けが変わるため一概には言えないが、悪くはない冗談である。
posted by Kose at 11:26| ギター

2018年01月06日

ゴールドフォイルギターの電磁気データ測定終了

もう半年やってきたゴールドフォイル・ギターの調査も終わる。
電磁気データだけでなく、スペクトラム解析用の録音も終わった。
データ収集は終わった。
明日スペクトラム解析をやる予定。その結果で面白ければそれで終わりだけれど、有意な解析ができなければ、録音をさらに方法を変えてやるかもしれないが、基本的に非常に単純な作業で、数日中に完了するだろう。
これでテスコのギターうっぱらって、部屋を広く使えるようになる。
TEISCO-MITSUYA-test-guitar.png

TEISCO WG-2L.png

TEISCO SS-2L.png

ZEN-ON Audition.png

TEISCO SM-2L.png

Vision.png
posted by Kose at 20:36| ギター

ゴールドフォイル調査の補足動画撮影終了、あとは数値データだけ



これは、一連の補足動画を連続的に撮影して、つなげて、コンデンサーマイクで収録したオーディオファイルと同期させて、とりあえず、保存したものを、動画ファイルとして暫定的に出力しただけのもの。
1.開放弦のスペクトラムデータ採取の模様
2.コード音色の比較のための動画
3.おまけ。なんちゃってブルース

今日明日、数値データを採取して、ゴールドフォイル調査は基本的におしまい。
若干補足の写真を、ギターを放出する前に撮影するかもしれない。

2月までにデータをまとめて専用ホームページに公開するつもり。

ゴールドフォイルの理解は通常ほとんど間違っていて、素のゴールドフォイルがどんな音かを明らかにするのは史上これが初めてだろう。

ゴールドフォイルを通称だが、対象の性格を誤解なく表す言葉をつくれば「フラット・フェライト・ピックアップ」だろう。あるいは「非ポールピース・フラットフェライト・ピックアップ」といえばもっと正確だ。ポールピースは、たとえビスがついていても何の役割もない飾りである。特徴的なゴールドフォイルがのぞく穴も無意味である。

例外は、テスコのブラックフォイルのフェライト磁石に直接つけられたスチールの似非ポールピースで、それは音の特性にかなり影響がある。

コイルも磁石もなんにも特別なことはなく、平たい安いフェライト磁石に平たいコイルを合わせたものだ。そんなものが何万円もの値段がつけられて流通しているのは異常だ。道具があれば小学生でも何千円かで作れる程度である。

詳しくはホームページで書く。

ほぼゴールドフォイルについてのコレクターやミュージシャンの御託派根拠のないたわごとだと思っていいと思う。

ライ・クーダーだけは、アコースティックに近いサスティーンと音域の広がりのあるクリーントーンを得たいという切なる望みがあって、選択したのは確実だ。あとの奴は知らん。
posted by Kose at 09:08| ギター

2018年01月01日

あけましておめでとうございます

ゴールドフォイルの動画制作は、動画ファイルとオーディオファイルが同期しないという問題が解決できずに、年をまたいでしまいました。
もしできなければ、動画とオーディオは別に掲載するということで、拘泥しません。仮の動画は作成します。
今日からは、ピックアップの抵抗値、磁力、サイズをできるだけ綿密に計測することと、できるだけクリーンなギター出力の音声スペクトラムを記録して特徴を解析する作業を1週間くらいでやり、もってホームページ作成のデータをすべてそろえる作業の完了を目指します。
1月内には世界で類を見ないゴールドフォイルピックアップの総合的分析だけのホームページを完成させたいです。どんなロマン的戯言も含まない、物理的、歴史的な無味乾燥なお話です。
結論を先取りすれば、ライ・クーダーは、アコースティック楽器の名人として出発して、エレクトリックでもその感触を追い求めるため、疑似アコースティックな手法を取るのではなく、音響的レンジの広いピックアップとして、ゴールドフォイルとSUPUROのピックアップを採用したというのが真相だと考えます。アコースティックのシミュレーションではなく、アコースティック楽器のある種の現象学的特性と類似の響きをエレクトリックギターで表現できることを発見したというべきでしょう。
このためライのアコースティック演奏を無視して、ゴールドフォイルギターを使うのはあほだと言えます。
ゴールドフォイルギターは、ライ風ではなくとも、他の使い方、たとえばジャズには相性がいいんですが、なんらかの演奏スタイルや手法を発見して使わない限り、別に適当にアレンジしたストラトでもいいんです。
まあ、音楽的に個性的な音を求めるなら1本は試す価値があるかもしれない特別な音響特性をもつギターだということです。
結論として、これでライ・クーダーを誤解することで、過大評価されたゴールドフォイル神話は終わりです。
それは、60年代、新しく工業的に普及の始まったばかりの薄く広いフェライトマグネットを使用したタイプのピックアップで物理的に成功したもののひとつにすぎないということです。
やれやれ・・・

今年もよろしくお願いします。
posted by Kose at 06:20| 日記

2017年12月29日

無修正動画 TEISCO WG-2L ”Autumn Leaves"



こんなのたくさん撮影しました。
同時にマイク録音しましたが、録音した音声ファイルと動画ファイルが、動画編集ソフトで同期しない事態に遭遇。新しい最新鋭動画ソフトダウンロード購入して、調整法を研究中・・・
posted by Kose at 20:42| ギター

2017年12月24日

ゴールドフォイル・ピックアップのテスト動画仮編集版

ライ・クーダーでも、ゴールドフォイルの音というのが丸出しという演奏があるわけではなく、テスコのゴールドフォイルのクリーンな音がどんな音で、それが他のピックアップとどう違うか、まともに知っている人は非常に少ないだろう。なのにゴールドフォイルにローラー社は2.8万円だ。
第一にゴールドフォイル搭載ギターは1965年以前のたいへん古く、日本のギター製造技術も洗練されていない時代のものしかない。よほど本状態が良くなければ、ギター自体がちゃんと鳴らないし、またネックが太く、弦高が高く、ハイフレットは弾きにくい。このためLegendストラトにゴールドフォイル、テスコとミツヤ両方を搭載し、最低限現代的なギターで使用した場合どんな音がするかを明らかにするためのテストだ。
ストラトのフロントピックアップとの違いはアンプの設定で大きかったり小さかったりする。だが、ゴールドフォイルは低音から高音までフラットに出るのに対して、ストラトは一定の高音にピークがって、それより高い音はノイズに聞こえる。このためゴールドフォイルは「透明感」があると評されるのは正しい。また位相の異なる周波数を拾うため、「空間的」と評されるのも正しい。中〜高音にピークがないため、「深い低音」が出るというのも正しい。結果的に、ハムバッカーとシングルピックアップを合わせたような特徴があるのはほぼ確かだろう。
物理的に平板で広いフェライトマグネットの磁場で振動する弦がコイルで電流を生じさせるため、ポールピースタイプとは違って、周波数の成分が複雑なのだ。この平板で広いフェライトマグネットを意図的に利用したピックアップをすべてゴールドフォイルタイプのピックアップと呼んで差し支えなく、この動画でもゴールドフォイルではない2つのブラックフォイルを取りあげている。ニュアンスは違う部分があるが、あきらかにゴールドフォイルの派生形と主張できることも示した。
ライ・クーダーが使用したから、ゴールドフォイルだけがもてはやされ、高額で取引されるが、別にミツヤ製も、ブラックフォイルも、現代的に使用する限り、類似の音の価値があるのであって、テスコのゴールドフォイル過大評価は噴飯ものである。

posted by Kose at 17:41| ギター

2017年12月19日

生きている

ギターからアンプに作業が移る過渡期のため、非常に混乱していた。
ゴールドフォイル・ギターの動画は一応一通り撮影した。後は、テスコとミツヤの徹底比較の撮影だけだ。

その一部


こういう物理的比較のいぎが全く分からないギタリストがあまりに多くてあきれ返る。
厳密にこれでも同じ条件とはいいがたいが、それでもテスコの通常指示されるタイプであるゴールド・フォイルですらボディが違うと異なり、テスコ・ゴールドフォイルではないが、物理的に同じタイプに属するとみなしたいくつかのピックアップは、ゴールドフォイル間の違いより、大きく違うとはいいがたいということである。

定義として書いたけれど、面積の比較的大きい平板なフェライトマグネットを使用し、ポールピースをもたないピックアップは似たような音域の広い(拾う倍音の多い)音になるだろうということを検証している。

その違いはアンプのイコライザーで吸収できる程度のものだ。

ストラトを一緒に弾いたのは、ポールピース構造との違いをはっきりさせるためだった。しかしフェンダーのアンプだと、ストラトとゴールドフォイルの違いが、高音がいっぱい出るためはっきりしなくなることが分かった。

このため、高音の出にくいマーシャルのアンプでもう一度同じ撮影をしようかとも思う。

それが終わったら、今度は開放弦のスペクトラムの分析のため、録音をする。録音風景も撮影する。

とにかくギタリストとかコレクターとかいう連中は、目も耳も何にも不自由で、「ゴールドフォイル」とか「フェンダー」とかいう言葉に感覚が支配されてしまっている戯けの集合体で、あいつらと話をする言葉を僕はもっていないから、撮影にこだわっているのだ。

スペクトラムでは、耳で聞こえるほど、違いは出ないだろうと予想している。これは、マグネットカバーの実験で、耳では明らかな違いも、スペクトラムには全然出てこなかったことからそう思う。


とにかく

ギタリストとかコレクター=バカ

である。ブランドや骨董価値と、音の違いを区別できないのである。

全員死ねばいいと思う。

アンプ修理は好調だが、12月前半は、どうも在庫処分の捨て値品の供給の問題と、ボーナス前の年末財布ピンチ状態の需要の問題で、市場価格が恐ろしく低迷してしまったので、修理してもオクに出さなかった。現在価格は回復基調にあって、なんとかペイするレベルぎりぎりまで戻しているが、まだ需要供給は健全ではないので慌てない。クリスマスお正月あたりに、一斉に投入するつもりだ。

アンプ修理の問題点は、パーツ取りに買ったものが簡単に修理でき、しかも売れてしまうという点である。慢性的にパーツ不足気味だ。本当にボロくて本当の意味でのジャンク品を出してほしいものだ。

パーツを買っているとペイしない場合が出るからね。

フェンダーのアンプの修理には、ぼくが町田時代から20年以上使っているフェンダージャパンのアンプがパ^津鳥の供給源になっている始末である。

そういうわけで、何にも考えることなくこなさなきゃならない雑務に忙殺されていたのだが、真理の対応説は崩していない。
posted by Kose at 20:59| 日記

2017年12月03日

ゴールドフォイル・ギター・クリーントーン比較プレテスト動画、「枯葉」

専用ホームページに掲載するための動画の試験的作成結果です。
まだギターが弾けてないし、2本残っているし、2本ピンボケですが、ほぼ意図通りのものができました。来週ホームページ公開に向けて全力傾注したいもんです。
アンプは修理用のマーシャル30Wです。出力が大きい方が、クリーントーンにはよい感じがしたので。

Goilfoil-pretest from 中村 こうせい on Vimeo.

posted by Kose at 20:15| ギター

2017年12月01日

2100円で購入ジャパン・ビンテージ、9750円で放出!!!

今は、Legendストラトに、テスコとミツヤのゴールドフォイルを搭載して、動画撮影録音のための「練習」をやっているところだ。クリーントーンの課題曲は「枯葉」で、まだポジションに迷う。練習練習。
そろそろ、ゴールドフォイル調査のために入手したものも放出を始めた。
11月は、市場動向が非常に低調で、高いものを出しても落ちない公算が高いと思えた。
そこで2100円で落札したブラックフォイルギターを、動画付きで2800円で出したら、最終日あれよあれよと9750円を記録した。ブラックフォイルの価値をちゃんと実物ベースでテスコやミツヤと比較した記録がない。みつからない。ぼくは、現物で比較して、録画して、同じ音がし、構造はミツヤと同じであることを証明した。それを長々と書いた。今後、そのブラックフォイルの落札価格は変わるだろう。
動画撮影のひとつの問題は、背景がうまくないということだった。何しろ狭い部屋であれこれ作業中で、とても人様に魅せられたものではない。そこで、長い木の棒に白いシーツを留めて垂らす、移動式背景を作成した。これなら、いつどんな状況でも同じ様に撮影できるというわけだ。
練習をもう少し頑張って、今週中にテスコとミツヤの比較動画は終えたい。
それが終わったら、オリジナル・テスコ/ミツヤ・ゴールドフォイルギターとブラックフォイル(テスコとTomson)の録画を行う。すべて同じ曲を録画するので、最初成功すればあとは義務的な感じだ。
posted by Kose at 20:36| 日記